寒い日が続きますね。

大寒過ぎましたからね。

風が冷たいです。現場作業は

毎日、大変かと思います。

今、施工している現場ですが

L型擁壁を敷設するんですけど

どうも、湧水が多いので念のために

基礎の構造を設計事務所さんと

打ち合わせして変更しました。
IMG_1110.jpg
D-BOXというものです。大型土嚢に

似ていますが、高さが45cmしかありません。
IMG_1111.jpg
土砂を詰めて作成して、L型擁壁の

基礎構造にしていきます。

施工実例はこんな感じです。

他の現場も、山合で日中に日差しが

短時間しか当たらない場所もあり

霜柱が一日中残っている現場も

有りますからねぇ。

とはいえ現場的には一番の佳境に

入ってきていますから大変です。

内容変更などがスムーズに行けば

2月末には、少し楽になりますかね。

私の方は、今週から2月終盤まで

予定が目白押し(汗)

桃知師匠の新年会も行きたかった

訳ですが、業界のお役で別件の新年会が

入ってしまったので、行けないし(泣)

まぁ、毎年1月下旬から2月までは恒例の

行事が色々と入れられちゃうので

仕方ないといえば仕方ないのですが

何だかねぇ。。。自分の予定がなかなか

入れられないっていうのはねぇ。。。

そんな事を言っていても、何も変わることも

ありませんから、淡々と終わらせて

やっていくしか、無いんでしょうね。

自分の仕事や予定なら、繰り上げたり

先に済ませておく事も出来ますけど

相手がいる場合は、そんな訳には

いかないですからね。

さぁ、今週も、残り頑張りましょう。
スポンサーサイト

tag : D-BOX 桃知 師匠

i-construction

どうもねぇ。。。自分でもやっているので

こういう言い方が正しいのかは判りません。

やっている事は良い技術だと思うんですが

どうも、向かっている方向性が怪しいというか

胡散臭いというか、CALS/ECの時と同じ様な

匂いがしちゃう感じがするんですね。

どうも、ドローン飛ばしちゃえば、全て幸せになる

みたいな?

土量が10,000m3以上あって、障害の無いの単純な

河川築堤みたいな工事であれば、条件適用も有ると

思うんですが、自分たちのエリアで、果たしてそんな

該当工事が有るのかどうか?(笑)

3次元データを活用しつつ、生産性を高める工夫が

出来れば良いのでは無いかと思うんでうすけどね。

ICT建機のプレゼンでは、初心者でも、この機能で

ベテランのオペレーターさんに負けませんって。

初心者さんじゃ、現場まで重機が持って行けないかもよ?

「工事」だけで有れば、間に合うのかもしれませんが

「災害復旧」の時はどうするんでしょうか?

破堤している場所にドローン飛ばして、点群データを

取って、図面化して復旧する法面作って、現場行って

バックホウで作業するんでしょうか?

そんな悠長な事をやっていられませんから

熟練のオペさんから、教えて貰って、育てる

努力が必要なんだと思うんですね。

確かに作業補助として捉えれば、素晴らしいと

思うんですけど、それが全てを解決する、みたいな

話は違うというか、現場の熟練さんに失礼かと

思うんですよ。

建設業の就労者数の激減に対応しないといけない

熟練のリタイアする技能工さんの埋め合わせを

していかないといけない、色々と問題が山積して

いる業界では有るんですけどね。

「単品の受注生産品」を作っている訳ですからね。

大手さんがやるような、大きなモノは経費も

それなりにあるでしょうし、対費用効果も

かなりになるんでしょうけど。

カメラで撮影すると、リアルタイムで3D

モデリングが出来たり、出来高が判るとか

良いなぁと思うんですよね。

最近のCIMといった技術、もっと汎用性が有って

適用範囲も多く有ると思うんです。

現段階で考えると、大きな面整備をする

圃場整備なんかは、凄く効率上がると

思うんですよね。何万m2も有るような

面整備や採石場の採取計画や輸送検討

何万m3も有るような土工もそうですね。

小さい工事であっても、現況に対して

3Dモデリングを作って、重ねた時に

設計段階では不可視の部分での不整合

判ったりする訳ですから、それだけでも

事前に対応策を検討できるという事では

十分に生産性向上に役立つわけです。

それぞれの工事規模に対して見合う

コストと生産性の向上があれば良いのかと。

それじゃ、逆に、それだけ障害のない

場所と、何万m3の土量がある現場が

どの程度あるのか?といえば、日本で

行われる工事の数%なのかもしれません

それだけの工事を捉えて定義しちゃうのは

もったいないと思うんですよね。

幅広く、小さい会社まで、低コストで

必要な部分的な技術を使えるという事が

普及していく事になると思います。

ドローン飛ばして、現況を確認して

どう攻めていくかと検討する。

更に点群データを用いて、現況の高さや

起伏だけを確認したり、それに加えて

設計図を3Dモデリングにした物を

重ね合わせて、どこから攻めるかの

検討材料にする、という、どの程度まで

加えて行くか、という判断は工事の規模や

難易度で決めて行けば良いのでは無いかと。

ベテランのオペさんの操作術をデータで

蓄積して解析しておいて、最近流行りの

AIで操作補助の役に立てたって良いはず。

部分的に適用する事だけでも、生産性の

向上にはなるはずです。

インプットからアウトプットまで一貫して

というのは有って良いんだと思いますが

一貫してやらないと駄目、では勿体無い

ドローン飛ばしたって、データが拾えない

状況だって沢山ありますし、精度の誤差や

平均化をどの程度にするのか、色々な考慮

しないといけない問題は沢山あって

それでも、想像と経験でやっていた事を

助けてくれるアイテムが揃い始めている訳で

土砂崩れの現場踏査が困難な状況下でも

ドローンを飛ばすことで、現況の確認が

出来る事だって、凄いことです。

確かに商売ですから、儲からない駄目ですが

可能性を狭めてしまう様に定義してしまうのは

どうかと思います。

様々な選択肢の中から、それぞれの現場条件に

沿った形で、適用可能な手段や方法を

取捨選択をしながら、生産性の向上を考える

というやり方では、まずいんでしょうかね。

こんな風に、言っていると、また怒られますかね(汗)

tag : i-construction CIM 土量 面整備 圃場整備 3D モデル モデリング 可視化 不整合

積もらなくて助かりましたかね。

センター試験、高校入試、合格発表の日

というのは、結構、積雪がある日なので

今回も「流石に除雪かなぁ」と思って

いましたが、時折、風花が舞う程度で

済んでくれましたので、良かったですかね。

とはいえ、寒い週末でした。

土曜日にお通夜が有って、出席しましたが

礼服だけだと、寒さが堪えました。

末っ子も、布団でマッタリとしてました(笑)
IMG_1090.jpg
日曜日の早朝、雪が降っていないか

カーテンを開けて、外を見ると大丈夫でしたが

それを見逃さなかった末っ子、速攻で

「散歩連れて行けモード全開!」(笑)

ゲージを咥えて、前後に揺らしては

甲高い声で、スンスン鳴きしてくれます。

二度寝しようとしたので、ゲージから

出して、鳴かないようにだけしたつもりが

オラオラっモード全開の末っ子に負けて

日の出とともに散歩へ行く羽目になりました。

三男坊も、気づいていたとは思いますが

休みだからと、完全に確信犯だったでしょう

散歩から帰って来ると、直ぐに起きてきました。

まぁ、平日にちゃんと行ってくれますからね。

ここは、おまけしておきますかね。

一日中、家の中にいて、まったりしていたのですが

カミさんが長男坊を連れて、100均に

買い物があるからと、出掛けてしまい

それじゃぁと、末っ子を連れて、近くの

公園までクルマで行ってみました。

山の西側になるので、地面は霜柱が

随分と残っていたのですが、ロングリードで

走らせてから、山登りをして来ました。

肉球が冷たいんですかね、変な歩き方で

笑いながら、下ってきましたが

帰り道の車では、フラワーパークに来場する

車とすれ違いながら、「今日は寒いだろうね」

と、思いつつ帰宅しました。

先に帰っていたカミさん、夜は何にするの?

と聞けば、「まだ考えていない」という

返事だったので、冷蔵を覗いてから買い物

鶏肉と刺し身を買って来て、しいたけで

出汁を取って、鶏肉を小さめに切って

お雑煮を作ってみました。

お餅が食べたかった訳ですが(笑)

長男坊を風呂に入れて、予定終了
IMG_1094.jpg
「お前がそこを占拠するのか?」

と、リビングの真ん中で爆睡モード

しかも、人の枕を使っているし(汗)

朝、人を起こすのにガジガジと

やってくれたので、破れているし(汗)
IMG_1095.jpg
まぁ、この顔見ちゃうと駄目ですが(笑)

さぁ、仕事の方は、ようやく新年の

挨拶回りやら賀詞交換やらが一段落して

会社の仕事が出来る時間が取れそうです

とはいえ、週末から月末までは予定で

埋まっちゃってますから、出来る時間に

やれる事だけはやっておかないとですね。

今週も頑張りましょう。

連休も終わって

本格的に、稼働が始まりますね。

学校も、週末と、この週明けから

始まるようです。

天気予報では「日曜日の夜が雪」

なんて出てましたから、随分と

心配してましたけど、そんなんに

気温が下がらなかったので、雪に

ならずに雨で終わってくれたので

一安心というところでしたけどね。

とはいえ、日曜日は朝からエアコン

スイッチオン、的な温度でしたが(汗)
IMG_1081.jpg
末っ子も、定位置のゲージでは無く

ソファの布団の上で寝ておりました。
IMG_1082.jpg
うーん。。。狐みたい(笑)

長男坊の、年末の風邪からようやく

復活しつつ有るようで、食欲も

随分と戻って来た様に思います。

一ヶ月、家の中でダラダタでしたから

足の筋力も落ちてしまったので

買い物がてら、散歩に連れ出して

末っ子のおやつを買ったり、食事に

行ったりしてましたが、その時に

トイレの排水口の掃除道具が安く

売っていたので、「後でやるか?」と

買っていたのですが、昨日の夕方

「やっぱり、直して貰わないと」と

カミさんから尻を叩かれて、午後から

初めてみました。

小便器本体を外して、状況を確認すると

排水管の中が閉塞している状況でした。

再びDIYショップに行って、太さの違う

ホースを幾つかと、プラスチックの油差し

針金を購入して来ました。
R0012898-_s.jpg
昔、こんなモノで掃除した事はありますが

エルボーの部分で引っかかり、それ以上

すすめる事が出来なかった訳ですが

今回買ったのは、モノは違いますが

こんな感じのものです。
100000001001925208_10204.jpg
透明なゴムホースを突っ込んで、油差しで

溜まっている水と一緒にゴミを吸って

油差しを外すと、ひたすら吸い続けて

くれるので、ホースを前後左右に動かし

可能な限り、ゴミを取ってみます。

以前掃除をした時から、いずれは

高圧洗浄掃除しないと駄目だろう」と

認識はしていたんですけどね

道具一式を買ったとすれば、3万円弱近く

行ってしまいますし、それでも家庭用の

洗浄ノズルは、業務用と違い、ノズルの

先端が単体ものでスズランタイプでは

ありませんからね。ホースもソフトで

金属製ではありませんからねぇ。

ゴミを吸った所で、ブラシを突っ込んで

再び、ホースで吸い取るという作業を

繰り返して、排水管の状況を確認すると

閉塞部分が変わらない状況の様でした。

細いホースは、閉塞部分まで届きますが

ブラシは、途中までしか届かないようです。

あれこれと考えて、水道ホースを切って

突っ込んでみると、閉塞部分まで何とか

届いた様な感じなので、ブラシが付いた

ワイヤーの先端を加工して、水道ホースの

中に突っ込んでみました。

これなら、閉塞部分に直接届くはずです。

が、内部の抵抗が多すぎて上手く行きません。

一度、ブラシを抜いて、液体洗剤をホースの

中に垂らして、再度チャレンジしてみます。

これなら、内部の抵抗も少なくなるはず。

手で様子を探りながら、押し込んでいくと

閉塞部に届いた様なので、何度かゴリゴリと

押したり引いたりしておいてから

ブラシを引き抜いて、今度は水道のホースを

入ったままのホースに繋いで、水圧を

掛けてみました。

小さな音がして、ジョイントに溜まっていた

水が抜けて行きました。

「ラッキーっ!!、成功じゃん」

水道ホースを外して、ブラシを再度入れて

ゴシゴシと上下運動させると、今度は

随分とスムーズに動くようになりました。

再び水を入れて掃除しておいてから

今度は、挿入したままの水道ホースを

上下させて、更に深くまで送ります。

そして、ブラシと水圧を掛ける作業の

繰り返しをしてみます。

「終了〜〜〜〜〜っ!!」

劇的に流れるようになりました(笑)

やってみるもんですねぇ。

頭使って(爆)

しかし、時間が経つと、再び詰まる

可能性がありますから、機会が有れば

高圧洗浄も、視野にいれておかないと

駄目なのかもしれませんね。

今回は2千円弱の出費で済みましたけど。

買い物に行った時間も含めると

半日も時間を使っちゃいましたけど

これで、床上浸水が発生する事も

無くなりましたら、安心して用を

足すことが出来ますかね。

こんな感じで、仕事の方もスッキリと

行けば良いのですが(笑)

さて、今週も頑張りましょう。

tag : トイレ 排水管 閉塞 清掃 掃除 ブラシ 高圧洗浄 スズラン ホース 小便器

明けましておめでとうございます。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

年末休み中は、「禁パソコン」という事で

携帯程度して弄りませんでしたかね。

昨年は、想定外の事に振り回された感が

一杯の年だったように思います。

実母の骨折から始まって、バタバタとして

12月は家族揃って、風邪とインフルエンザの

オンパレードでしたので、ゆっくりと休む時間が

無かった様な気がします。

さて、新年となる訳ですが、今年は昨年以上に

色々と、環境が変化を始める年になるんだろうと

思っています。

十年ほど前に

「敵は官公需法であって、総下請化を考えている」

とは、聞いていましたが、虎視眈々と進んでいた

ことに驚いてみたり、若い人たちの働くという

ことに対しての考え方の違いに、自分も対応を

していかないとマズイと思ったりと、様々な

事に直面して、自分の知識力や対応力の無さを

痛感させられた年だった様に思います。

地方では少子化よりも、労働人口の激減が

深刻な問題になるのかと思いますが

全体としては、オリンピックをどうするか?

という目先の話に流されてしまう気がします。

先日、WOWOWで桑田佳祐さんの年越し

コンサートを観ましたが、歌詞が何だか

世の中を皮肉っているというか、斜めから

見ながら、激励を込めているというか

改めて凄い人だなぁと思いました。

「真夜中のダンディ」という歌は随分と

昔の歌ですが、今聞いてみると歌詞が

意味深い感じがしましたかね。

自分の方は、大晦日が末っ子が一歳の

誕生日でお祝いをしながら、子供達は

恒例のガキ使を見ておりました。
IMG_0335.jpg
迫間湿地にも遊びに行って、山登りを

したりして、過ごしておりました。
IMG_1053.jpg
ダラダラと終わってしまった感が満載の

年末年始でしたが、今年はしっかりと

目を見開いて行かないと、気がついた

時には、対応できないという状況になって

しまわない様にしないといけないですかね。

パイを大きくする方向で動くのか、それとも

小さくしながら、山椒を効かせるようにするか

選択を迫られるように思います。

過去の仕組みは更に解体を迫られ、その対応を

間違えば淘汰される事になるんでしょうし

そもそもの「在り方」を問われる年になるのかも

しれませんね。

でも、どんな時代でも、荒波は有った訳ですし

その中を、必死に漕いで大海原に出た船も有れば

力尽きて沈んでしまった船も有ったんだと思えば

歴史は繰り返す、ただし、環境は違うんでしょうね。

という事を肝に念じて、今年一年、頑張って

やっていくしかないですかね。

今年も愚痴を書いちゃうかもしれませんが

一年間、宜しくお願いします。


theme : 建設業
genre : ビジネス

tag : 総下請化 官公需法 桑田佳祐

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク