そうなったんだ

 今日で舗装工事はほぼ終了なのである。

事務所へ戻り、積算の方を行ったり次の段取りを打ち合わせしながら一日を過ごし

何事も無く終了なのである。

しかし新聞にはこんな記事が書かれているのである。

http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/tochigi/

そして、こちらの新聞にも同じ記事が書かれているのである。

http://mytown.asahi.com/tochigi/news02.asp?kiji=4778

確かに、この所の安値受注は酷いモノなのである。

幾ら企業努力をした所で、あのような金額でまともな工事が出来るとは思えないのである。

そろそろ本気で考えないといけないと思うのであるが、逆を返せば居間の状況に

便乗している輩もいる可能性だってあるのである。

殆どの業者はまともに仕事して、良いモノを作ろうと必死になっているのである。

どうにかならんもんだろうか、ブルーになってしまう最近なのである。

そういえば、本日付で大きな人事異動が有ったと聞いているのである。

いよいよ音を立てて崩壊が始まったのかも知れないのである。
スポンサーサイト

theme : 現場施工状況報告
genre : ビジネス

そうですか。。

 朝一番で現場の段取りをしてから移動するのである。

午前中に一時間ほどプラカードを持って街頭に立つのである。

そのプラカードには赤字で「シートベルト」と書いてあるのである。

お役目を終えて昼食を取ってから、更に移動するのである。

午後から、セミナーを受ける事になっているのである。

何でも「建設業経営ステップアップセミナー」なんだそうである。

建設業再生プログラムの一環で行われているセミナーなのであるが

「仕事がない」という現状を発注者が説明して、業界に対する助言を発注者側からの

提案でセミナーを受けるという、何ともなぁ。。なのである。

開発主義の終焉は難しいと昨年の法政ECで聞いてはいたモノの

その開発主義の終焉を説明するセミナーなのか?と思うのである。

まぁ、本気でやっているのかも怪しいのであるが、これしか方法が無いのかと

疑問は拭えないのである。

何でも栃木県は10年前に比べて公共の建設投資額は62%減になっているそうである。

建設業者数はそれほど変わっていないのにもかかわらず、である。

(~ヘ~;)ウーン。。。判っている現状に駄目出しされても、落ち込むだけなのであるが

まぁ、こんな状況なんだそうである。

今年の一月の騒ぎを、再度舞台に乗せようとする動きも見られるようで、本当に

困ったモンである。

ちなみに平成5年に建設業の倒産割合は全産業の25.5%から平成15年は41.7%に

跳ね上がっているそうである。

お先真っ暗な業界なんだそうであるが、余り暗くなる話題ばかり言われてもなぁ。。である。

舗装終了

hosou


 さて昨日に続いて舗装なのであるが、何事もなく無事に16:00に終了なのである。

仕上がり具合は、そこそこ良く出来ました。なのである。

現場から事務所へ帰り、公募への参加資料を作成して本日は終了なのである。

そういえば、この何日かの間に新聞に結構気になる記事が書かれていたのである。

「とある場所で非常に価格の下落が激しいのはおかしい」というモノである。

小さいスペースで書かれていたので、判らなかった方の方が多いとは思うのであるが

しかし、申し合わせた様にいくつかの新聞に書かれていたのが、私としては

非常に気になったのである。

何だかなぁ。。。なのである。

6割終了

 朝一番でレベリングを行うのである。3㎝の切削を行って5㎝の表層をのせる補修工事なのである。

ホイールローダーで合材を小運搬して、敷き均してローラーで転圧を行うのである。

レベリング箇所が多かった事もあって、予定を20分ほど遅れて終了すると

いよいよフィニッシャーを乗り出して来て、合材を積んだ大型ダンプが待機するのである。

舗装開始である。一般車が入ることが無い為に、上下線とも一発で敷いて行くのである。

秋らしい涼しい天気にも関わらず、やはりアスファルト上は熱いのである。

実を云うと、このフィニッシャーは11年前、私が建設機械販売の会社に勤めていた時に

買って頂いたニイガタ製クローラ型のフィニッシャーなのである。(笑)

途中で一度お昼休みを挟みながら、舗装を行うのである。

そして延長にして6割程度の所で、合材が終了なのである。

スリ付けを行って今日の舗装は終了である。一休みをしてから定規を返す作業となり

返し終わったのが丁度17:00なのである。

明日は残りの舗装を終わらせて、路肩の仕上げを行う予定なのである。

自宅に帰り、風呂に入ってからビールでも!と思ったのであるが、残念ながら

ビールが一本も冷えていなかったのである。(笑)

明日は冷たいビールが飲めるように、ちゃんと冷やす事も忘れないのである。

theme : 現場施工状況報告
genre : ビジネス

(~ヘ~;)ウーン

 朝一番で切削マシンが到着して予定通りに切削を始めるのである。

片側の車線を2回で切削していく予定なのである。迂回路を設けて全面通行止めなので

一般車両に対する気遣いをしなくて良いというのは非常に気が楽なのである。

4台の10tダンプを折り返しで使い、切削したアスファルトを積んでいくのである。

その先を先行してグレーダーが路肩の土砂を均していくのである。

切削が終了した場所から、高さを測量していくのである。

大体予定通りに行ったようである。明日は現況の舗装高さが低い箇所をレベリングして

10:00頃から舗装が出来るのでは?と思うのである。

舗装の方は通行止めという事もあり、両車線一回で引いて行くつもりなのである。

しかし、である。

舗装工事は自分で機械を乗る事が無いし、腰道具を使ってハンマーを振る事もないのである。

測量とマーキング、そして指示を与えながら写真管理だけの仕事となってしまうので

私としてはイマイチ面白くないのである。

やはりバックホウに乗り、砕石を均して構造物を造る仕事が一番好きなのである。

まぁ、マンホールの蓋しか見えなくなってしまう下水よりは良いのであるが。。。

さて、明日は早め早めに段取りをして舗装を終わらせたいと思うのである。

theme : 現場施工状況報告
genre : ビジネス

頭が痛い

 ちょっと頭が痛いのである、よって日記はお休みを頂こうと思うのである。

皆さん申し訳有りません、なのである。m(._.)m ペコッ

バタバタと

 秋の交通安全運動の一環で私の所属する支部のイベントが行われたのである。

会社の安全運転管理者というものになっている私も当然このイベントに参加するのである。

朝からテントを設営して風船を作り準備をしていると、台風の影響か時折

横殴りの雨が降ってしまう天気なのである。

しかし10:00のオープニングには雨も止み、何とか開催することが出来たのである。

今回の目玉は「白バイとの記念撮影」だったのであるが、雨が降ると白バイが

来られない!との事で、どうなることかと心配したのだが、警察署長さんの配慮で

「雨の場合はテントを設営して頂ければ、雨だろうと行かせる」と言って頂けたので

急遽テントを増やして、雨の場合でも白バイが来られるように段取りを変えて

テントを増設したのである。

市長を始めとする来賓挨拶が終了して、いよいよ撮影会の始まりなのである。

子供用の警察の制服をまとった子供達が日頃触る事の出来ない白バイに跨り

デジカメで記念写真を撮影するのである。

kinen


撮影が終わり次第に、メモリーカードを抜きピクトブリッジ対応のプリンターで

写真として印刷して、その場で子供達に手渡すのであるが、大喜びの子供達の笑顔に

こちら側も嬉しくなるのである。

白バイは1200と750ccの2台が参加してくれたのである。


sirobai


しかし最後の方は印刷が40分待ちという人数で、次回はプリンターを増やさないと

いけないようである。

片付けを済ませて13:00に解散すると、私はそのまま会社へ直行なのである。

月曜日から始まる舗装復旧工事の為の迂回看板を作成し、作ってあった

工事案内のパンフレットを近隣の住民に家に説明しながら配るのである。

説明をしながら配った為に、20件ちょっとの配布にもかかわらず結構時間が

掛かってしまったのである。

バタバタと忙しい一日だったのである。

theme : 栃木県(特に県南地域)
genre : 地域情報

欲しいなぁ

 某公務員の兄貴が休みが取れて実家に墓参りに来るよ、と云う事で私も実家へ行くのである。

兄貴の家で唯一の男の子である、ゴールデンレトリバーの「ラウル」君も一緒に

来ていたのである。

動物好きの次男坊は大はしゃぎで、ラウル君と遊んでいるのであるが、ラウル君にしてみれば

「俺が遊んでやっている」になるのかもしれないのである。(笑)

三男坊は触ってみたい事はみたいのだが、自分より圧倒的に大きい体にちょっと恐くて。。と

云う感じである。

ラウル君も三男坊の気持ちが判るのか、余りじゃれると云う事はしないようである。

当然、長男にも匂いを嗅ぐ程度しかしないのには、驚いてしまうのである。

夕方から私の兄二人とビールを開け焼酎を飲んで、あれこれと話をしていると

ラウル君は遊んで貰いたいのか、廊下から居間にいる私達を羨ましそうな目で

見ているのである。

時折、次男坊が遊んでもらいにラウル君の所へ行くのであるが、ラウル君の気持ちは

イマイチな様である。

本気で遊ぶには次男坊では物足りないのだろうと思うのである。

自宅へ帰りながら、次男坊に

「ラウル君と遊べて良かったね」と聞いてみると素直に頷く次男坊だったのである。

しかし次男坊曰く「もう少し小さいラウル君が欲しい」のだそうである。(笑)

来年は我が家にも、もう一人男の子が増えても良いなぁ。。と思った私なのである。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

変則的な

 ちまたでは明日から3連休になるだろうと思うのである。

当の会社は最初、カレンダー通りの予定だったのである。しかし何分にも現場が

最優先なのである。

三連休だと現場がなぁ。。。でも飛び石で休むと効率がなぁ。。。という事で

明日の休みを土曜日に振り替える事になり、急遽明日は現場が稼働するそうである。

しかし私の方は、下請けさんを使う都合もあって当初のカレンダー通りの日程と

なってしまったのである。

本来であれば、今日中に段取りをしておきたかったのであるが、今日は積算の講習会が

予定に入っていた為に、ほぼ一日他の事が出来なかったのである。

講習会が終了してから一度事務所へ戻り、夕方からファミレスでの会合に合流するのである。

先に行った研修のまとめと、これからの方向性を考える為の会合だったのである。

色々と考えなくてはいけない問題が多いのであるが、気負わずに動き出してしまえば

何とかなりそうかなぁ。。と思っているのである。

まぁ、それまでにもう少し自分自身も考えないといけないなぁと思った会合だったのである。

theme : 今日のできごと
genre : 日記

良い知らせと悪い知らせ

 良い知らせもあれば、悪い知らせも有るのである。今日はそんな日なのである。

良い方は、お仕事が企業体ながら1本頂けた事であるが、工期が2年もあるので

諸手を挙げてと云う訳にはいかないようであるが、仕事が少ないだけにありがたいのである。

悪い方は、前回私が担当した現場の赤字が確定したという事である。初めての赤字である。

設計変更さえして頂ければ、全く問題ないし、設計変更されるはずが予算の関係で

というヤツである。

そして帰り間際に明日の予定を確認していると、大事な事に気がつくのである。

少々慌てて家路へ急ぎ、途中ケーキを買い込むのである。

そして、花屋に寄り込むのであるが、流石にこの年になって花を買うというのは

少々気が引けるのである。(笑)

この際、十の位の本数は無視するとして、一桁の数だけのバラを買い込んで

カミさんの誕生日のお祝いとしたのである。

十何年ぶりに

 連休は悪童達と一緒に寝てしまったので、日記の方はお休みをさせて頂いたのである。

そして日曜日に十何年ぶりにmotoGPなるレース中継をTVで放映しているのを見たのである。

単車から降りて既に十何年という月日が流れて、それ以来は購読していた専門誌を始め

雑誌まで一切見たり買うこともなく、これまで過ごして来たのである。

自分なりに、一区切りという気持ちが有ったからかもしれないが、敢えて距離を置いて

来たように思うのであるが、この一年の間に「来年辺り乗ろうか?」と思えるまでに

なってきているせいも有ったのかもしれないのである。

久々にレースを見て思うことは、「いやはや、凄いもんだ」の一言である。

ピットの風景は、多くのラップトップ機器が並び、F1と変わらない状況なのである。

F1並みにデータ収集や解析作業までやるんだろうなぁ。。。と、久しぶりに見た風景に

浦島太郎状態で有る事を教えてくれるのである。

ちなみに最近の予備知識と言えば、レギュレーションが変更になって4ストロークマシンが

走っている、位なモノである。

ケニー・ロバーツ、エディ・ローソン、バリー・シーン、フレディ・スペンサー、ランディ・マモラとか

いった選手が檜舞台で走っていた時代が私の現役世代なのである。(笑)

(・・?) エッ、ロッシ?。。。。そうなんだぁ。。最近の選手は名前さえ知らないのである。

ミック・ドゥーハンって居たように思うのであるが。。。(爆)

それにしてもピット風景も全く変わってしまった様である。

昔はインジェクションを使っていたhondaが、インジェクションマップの変更をやるのに

持ち込んでいたのが関の山だったように覚えているだけなのである。

それがあのパソコンの山である。

ちらりと見ただけなので間違っていたらご免なさいであるが、水温、油圧、エンジン回転数、

スロット開度、サスペンションストローク、ブレーキング量までリアルタイムで

監視しているんだろうねぇ。。。_(‥ )フーンなのである。

4ストロークって事は、全てインジェクション?なのかもねぇ。。。である。

此処まで、浦島太郎になっている自分にちょっと呆然なのである。(笑)

そして、マシンが変更になった事がライディングフォームにもかなりの影響を与えているようで

コーナーでもかなりの範囲で、挙動を変化できる事にはビックリである。

と言う事は、それを可能にさせているマシンの運動性も良いと思うのであるし

何よりも、昔と違ってほぼアクセルコントロールでドリフト量を変えながらコーナリングを

行えるという運動性能の凄さなのである。

ビックリしたのはトップを走る外国人選手のコーナーリングである。

ストレートを走ってきてガバッとフルブレーキング、コーナーへの進入体制になる。

まぁ、そこまでは昔も一緒なのであるけれども、そこから

そこからガバッとマシンを倒し込んでいるけれど、そこでは既にリヤタイヤが

出口方向を向いている為に、正面から捉えているカメラにリアタイヤがスライドしながら

進入していく様子がよく判るのである。( ̄□ ̄;)!!

つまりクリッピングポイントに対してのターンインではなくてコーナー脱出に向けて

マシンの姿勢を変えているのである。そしてそこからアクセルコントロールで

早い時点でマシンの向きを脱出から加速に向けてへの姿勢に変えているのには

脱帽のもである。

コーナーの半ばからブラックマークが付くのではなく序盤からブラックマークを付けて

コーナーリングしていくのであるから、本当にビックリなのである。

と云う事は、フルブレーキングでフルボトムしているFフォークがブレーキの

リリースと同時に戻るようなセッティングにはなっていないだろうしエンジンの

重量配分もどちらかと言えば、フロントステアに近い配分なのだろうと思うのである。

あれだけリヤタイヤをスライドさせながら走る為には、フロントの挙動が安定していないと

リアをコントロールする事は難しいだろうし、逆を返せばアクセルのオンオフでいつでも

スライドをコントロールできるエンジン出力特性になっているのかもしれないのである。

って事はタイヤサイズは17:17もしくは16:16程度が理想かなぁ。。と思うのであるが

違っていたらご免なさいである。

各ライダー達のフォームを見ていても、体が完全に落ちているハングオンというモノではなく

明らかに一昔よりも、車体の垂直線軸へ近い位置に納まっているように思うのである。

でも、そうでないとコーナーリングをドリフトコントロールしながら抜けていくのは

無理だろうし、マシンの挙動を把握する為にあの位置に落ち着いているとすれば

頷ける位置なのである。

S字の切り返し等では、アクセルのオンオフに併せて切り返しているように思うのである。

まぁ、2ストに比べて車重が有るからかもしれないけれどもねぇ。。。である。

切り返しのスピードは明らかに昔の方が速かったように思うのであるが脱出速度は

今の方が明らかに速いように思うのである。

いやはや、何ともねぇ。。。タイヤについては言うまでなくグリップ力限界付近の

コントロール性が格段に向上していないと、スライド量のコントロールが出来ないだろうしと

タイヤ性能についても、かなりの向上が伺えるのである。

久々に2輪のレースを見た事もあって、時代の移り変わりに唖然としていまった

日曜日だったのであるが、このレプリカモデル何か乗った日にはもっと驚いてしまうだろうと

思ったのである。

theme : バイク
genre : 車・バイク

お休み

 子供と一緒に寝てしまったので、お休みさせて頂いたのである。

またのお越しをお待ち申し上げております、なのである。m(._.)m ペコッ

あのねぇ。。。

 カミさんがネットで調べモノをしたいというのである。

話を聞けば、長男の通う学校の先生が逮捕されてしまったとのことである。

逮捕理由は

「県迷惑防止条例違反:同僚に嫌がらせメールを送る 容疑の女性教諭、逮捕 /栃木」

なんだそうである。まぁ、ニュースには本名も掲載されているので、これ以上の転記は

避けるのであるが、それにしても。。。だ。。。

女性って、おっかないなぁ。。。。と思ってしまうのである。というか、批判されることを覚悟で

書いてしまえば、結構やり方が陰湿というか、ジメジメしているというか

男と違って、ぶん殴ってお終い、という訳には行かないんだなぁ。。と思うのである。

迷惑メールを送られた側も、何回かのメールを貰った事で警察沙汰にしてしまうというのも

凄いなぁ。。。とヘンな感心をしているのである。

以前から確執が有ったかどうかは、私も知らないのであるが、逮捕された方も

被害者側も一応は「教師」なのである。

まぁ、橋本治によれば

学校とは「出来る事を検査する場所」で「出来るようにする場所」ではない。

何だそうであるから、それを考えれば二十代であるこの方達に「人生の先輩として」とか

「生徒の良き手本として」なんて言ったところで、仕方がないのかなぁと思うのである。

教師の顔より、個人の好き嫌いが優先されてしまうというのは、なんだかねぇ。。と

思うのである。

がしかしだ、被害者が本当に被害者なのか?本当の原因は多分明らかになる事は

ないんだろうと思っているのである。

学校側の説明会でも、そこら辺まで突っ込んだ説明はされないだろうし、そこまでの

調査を学校が真剣にやるなんて、思っていないのである。

theme : とほほほ…
genre : 日記

疲れた

 昨晩はいつものように長男とプールに行ったのであるが、長男にいつもの調子が無く

40分ほどで退散して来たのである。どうやら眠かったらしいのである。

今日は地元で打合せを行う予定だったのであるが、急遽県内をドライブという羽目に

なってしまい、東西南北と車に乗っての移動となってしまったのである。

一日中車を運転していたせいで、少し腰がだるいのである。

しかし、今日は次男坊が夏山合宿から帰ってきていると思うので、家に帰れば

いつもと同じように、騒がしい生活に戻るようである。

二日間は静かで良かったなぁ。。。と思うのはカミさんも同じだろうと思っているのである。

さて、そろそろ工程会議の時間なので、サクサクとポイントを話し合って帰ろうと

思うのである。

theme : 日記
genre : 日記

私たちだと

 何処にでも、中央とその他の格差というモノはあるのである。

これはどの業界でも同じ事だろうと思うのである。私たちが電子入札を行う時は

しっかりと締め切りの時間が決められており、遅刻は許されないのである。

遅刻すれば、当然ペナルティなるモノもあるのであるが、他方にはそれが無いのである。

確か締め切りは昨日の夕方16:00だったはずである。それが何故か今日の11:00過ぎって

あまりじゃないのかなぁ。。。と思うのである。

そして同時刻に紙で行う方式が行われていたりすると、平気で二時間近くも待たされる羽目に

なるのである。

システムの関係上30分程度の話なら判らないでもないのであるが、二時間弱というのは

ちょっと考えて欲しいと思うし、何よりも馬鹿面をして画面と睨めっこをしている

連中だっている事を考えて欲しいと思うのである。下手すれば他の事をひとつふたつ

出来てしまう時間なのである。

まぁ、こんな事を書いていても改善されるとは全く思っていないのであるが

愚痴だと思って頂ければよいのかな?と思うのである。

まぁ、直接お話が出来る機会が有れば、話そうとは思っている事なのである。

それから今日は一つ反省を。。。。

「思い立ったら即行動!即実践!」後悔はやってからする!のである。(笑)

こう静かだとねぇ

 次男坊が保育園の夏山合宿という事で今日から二泊三日で那須に登山&お泊まりで

出かけたのである。

帰宅してみると、いつもとは違い家の中が「シーン」としているのである。

そこで、あぁ次男坊いないんだったっけなぁ。。。思い出す始末である。

一人で遊ぶ長男、大きな声でふざけあう次男と三男坊、それが次男坊一人いないだけで

こんなに静かになるのか。。。と思うと、嬉しいやら寂しいやらなのである。

久々に悪童二人を連れてゆっくりと風呂に入ったような気がするのであるが

やはり、イマイチ物足りないような気もするし、静かで良いなぁ。。。と思ったり

何とも複雑な気分なのである。

今夜はゆっくりと本でも読んで過ごそうかと思うのである。

二日後が恐い気もするのであるが、その時はその時なのである。

お詫び

 昨日の日記について、お詫びをしなくてはいけないのである。

私の書き方や、話し方が悪かったようで大変な誤解を招いてしまっているようである。

オペレーターさんに責任は無いのである。私の話し方が悪かった事が原因なのである。

ニックネームで呼んでしまった、私の非常識さが招いた騒動なのである。

また、そんな風に読める書き方をしてしまった自分の責任なのである。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉を忘れてしまった私の責任なのである。

関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けした事をお詫びするだけなのである。

大変申し訳有りませんでした。\(__ )反省なのである。m(._.)m ペコッ

何か悪い事しました?

 衆議院選挙も終わって、一段落なのであるが、これからどうなるのかと思うと

今ひとつスッキリしないのである。

そう言えば、先週終わりに自社で使っているイントラソフトの年間更新が来ていたので

早速注文して、金曜日に登録を行っておいたのである。

今日になって登録キーが郵送されてきていたので、朝一番で更新しておいたのである。

するとお昼前に某サ○ボ○ズのお客様係かなと思われる女性から御礼と確認の

電話が有ったのである。

「今朝、登録しておきましたよ」とお答えすると、その女性は「ありがとうございました」

「行き違いになってしまいまして、申し訳ありません」と丁寧なお返事が帰ってきたので

「とんでも有りません、この方にも宜しくお伝え下さい」と言ったところが

急に無愛想になってシーンとしてしまったのである。(爆)

何か思い当たる節が有るかどうかは、本人に聞かなくてはいけないようである。(笑)

(すみません、本日のネタはmixiに参加されている方でしか判りませんね)

この方=リンクを張るのは止めました。(笑)何か有りましたかねぇ。。。

余り偏ると

 夕飯の買い物から帰ってみると、女子ゴルフが放送されているのである。

何でも藍ちゃんと、さくらが3打差で追い上げているそうである。テロップには

「逆転なるか 藍 さくら」と映し出されているのであるが、これはイマイチ頂けないのである。

フロントナインやバックに入って直ぐというなら、判らないでもないが

既に16番ホールで三打差である。

余程のミスが起こらない限り逆転は無いと思われるのである。

これではトップに不動に対して、失礼なのでは?と思うのである。

別に不動贔屓と云う訳ではないし、藍ちゃんやさくらちゃんが嫌いという事でもないのであるが

余りにも、偏った放送の仕方では無いかなぁ。。と思うのである。

この二人が女子ゴルフの人気や層の底上げに貢献した事は間違いないのであるが

それじゃ、この二人がアメリカ行ったらどうするのか?それであれば、もう少し

追われる不動と追いかける立場の二人を刻々と流した方が良いのになぁ?と思うのである。

何だか最近は誰かが「良い」と言い始めると、こぞって放送するというか

いきなり全員が味方になって、他の選手はどうでも良いみたいな放送は

イマイチだと思うのである。

今日の夜は選挙の番組だけとなってしまうだろうから、早く寝るつもりなのである。

結果は自民の大勝だろうと思うのである。

郵政改革の中身はどうであれ、これで既得権益の解体が始まるのだとすれば

私達の業界も、再解体されるとしても誰も援護してくれないのだろうと思うのである。

ああいった生け贄というか「敵」を意識的に演出されてしまっては、「敵」にされた方は

たまらないだろう。。と思うのである。

予定は未定

 第二土曜という事もあって会社はお休みなのである。

珍しく、ゆっくりと朝食を取っていたら携帯電話が鳴るのである。

まぁ、休みの日の携帯電話というのは、余り良い物ではないが出てみると

専務からの電話なのである。

来週に維持管理を始め、そこそこの本数の入札が入っているのであるが

平日に用事が入ってしまい、休みとなるので今日積算をしたいので、資料が欲しいとの

電話なのである。

という事で、会社に急遽出社なのである。ただしいつもと違うのは次男と三男坊が

金魚の糞の様にくっついて来てしまった事である。(笑)

仕方なく、途中で飴とジュースを買い込んで、会社の椅子に座らせておいての作業と

なっているのである。

お菓子類が有ると、ここまで大人しいのか?と思う位に静かな二人なのである。(爆)

午後一番からは、長男を東京のカイロへ連れて行かなくてはいけないので

遅れないように、終わらせて行こうと思っているのである。

組み立て方の感覚が違うのね。

 今日はシャッフルの次はナノなんだそうである。

何の話かと言えばiPodの話なのである。シャッフルは私も愛用しているのであるが

これを見てしまうと物欲番長がムラムラと来ているのである。(笑)

こうやって改めて見てみると、日本のメーカーが作る携帯型プレーヤーとは明らかに

切り捨てるものと造り込む機能が違うのも非常に面白いのである。

大きさは若干犠牲にしながらも、薄さを追求したのね。。。と思うと使われるシーンとしては

胸のポケットを意識しているのだろうと思うのである。

まぁ、ジーンズのポケットに入らなくもないが、恐らく折れてしまうであろう薄さである。

500曲と1000曲ですか。。。しかも価格的にも物欲番長がグラグラと心を揺さぶられる価格である。

ここら辺の誘い方は、流石リンゴメーカーは旨いなぁ。。と感心するばかりである。

(~ヘ~)ウーン。。。買っちゃおうかなぁ。。。。って、お小遣いのやりくりが大変になる事は

承知しながら、あれこれと考えているのである。(笑)

さて、お仕事の方は来週から私自身が代理人を務める現場が挨拶回りを始めるので

カッティングマシンで工事看板用の文字を作成して、件名板を作ったり

工事予告の看板を作ったりしながら、終了しているのである。

現場といっても舗装の切削オーバレーの現場なので実質的な稼働時間は土木工事に比べれば

圧倒的に短いのである。

それ故に段取り八分が非常に重要になってくるのである。

あっ!削り過ぎちゃいました。。。とならないように、しっかりと測量と障害物関係は

確認しておかないと。。。と思っているのである。

どうもねぇ。。

 今日はちょっと話し言葉的に書いてみようと思っているのである。(笑)

まぁ、何ですかねぇ。。。最近ちょくちょくお電話を頂いたり、メールを頂いて色々と

聞かれるのですが、置かれている環境がそれぞれに違うと思うんですよね。

ただ、共通している事は何ら特殊な技術を持ち合わせていないと云う事だけでして

新技術とか何だとか言っても所詮大手には敵わないんだと思うわけです。

別に投げやりになっているのでは無いのですよ。今の時点で「出来ない」と云う事を

認めているだけですからねぇ。

ただ、自分たちの生い立ちというか、そういったモノをちゃんと踏まえて上で

色々と考えた方が良いのだと思っているだけなんですね。

今の選挙を郵政解散=既得権益の解体作業と見るとすると、どうなるのか?そこら辺も

考えないといけないでしょうかねぇ。

前にちょっと書いたかもしれませんが、「智民=市民=非営利団体」という考えでは

余りにも安易だと思うのですね。

市民というモノに足が向いていなかった私達が、市民から評価されれば当然「嫌い」と

言われるのは当然だと思う訳でして。

一部の素晴らしい取り組みをされている場所については、そんな事も無いでしょうけどね。

安易に考えていると、市民から総スカンを食らう羽目になるんじゃないかと思うんですね。

こんな事を書いていると話が何だか判らなくなりますから、話を戻しましょうね。

「そんな事を言っている私自身が設立を考えているんでしょ?」と聞かれそうですが

答えはYESです。確かにその通りです。でも考え方が多分違うんですよ。

最初にも書いた通りで、個々が置かれている状況が違うんですね。

失われた5年と敵のいないジレンマゲームをどうやって耐えていくのかを

考えなくてはいけないと思っているのです。

責任逃れのやり方はますます巧妙化すると思いますし、市場の原理で競争して

何十年も生き残る自信は全くありませんからねぇ。。

土台をちゃんと知って、判って、その上で考えていかないとまずいだろうと思うのですよ。

「判った」でも土台を知らなければ、「判ったつもり」でしか無いですよね。

「そんな事は言われなくても・・・」知らないかと思うから言っている訳ですよ。

何か偉そーな事を書いていますが、私だって「判らない事」が沢山あるんです。

だから「知りたい」のですよ、実際の所が。

でも、そんな事は学校や職場で教えて貰える事じゃないんですね。

だから聞くし、話すし、教えて頂いている訳です。

「知りたい」のです、知る事が出来れば判るんです。判る事が出来れば「出来る」んです。

これは橋本治の著書の中にも書かれている事ですが、その通りだと思います。

「知る」しかも徹底的に、これが自分に出来るか何て判りませんけど、同じ人間だから

かかる時間の差は有っても、何とかなるかな?と思っているだけなのです。

さて、閲覧へ行ってきましょうかね。

では

theme : 現場施工状況報告
genre : ビジネス

専門家だけどねぇ

 会社の積算のシステムが更新を迎えたこともあって、ネットワーク対応型の

積算システムに移行したのである。

ネットワークも調子が悪かったりしたので、ついでに原因を探して貰ったのである。

ネットワーク関係の専門家が来て不具合を直したので調子よくなったなぁ。。後は

積算システムのインストールが終われば、完了だなぁ。。。と思っていたら

サーバー側とクライアント側のデータベースの同期がうまくいかないと云うことで

今度は積算システムの専門家が来社して、積算システムの不具合を調べて行くのであるが

どうも、ネットワークとの複合的な原因で同期がうまくいっていないとの事なのである。

「それじゃ、ネットワークを変更してやって下さい」とお願いしたところが

「ネットワークは判らない」だそうなのである。

(・・?) エッだって、ネットワーク対応型の積算システムじゃないの?と思ったのであるが

云っても仕方ないのである。

でも、全く何も出来ないというのは、ちょっと足らないのでは?と思った今日なのである。

えっ?何か変じゃない

 さて、企業体での仕事の締切が今日だったのである。

Aという地区でその1と2、Bという地区やはりその1と2工区という形で合計4本の

公募が有ったのである。

という事で、公募の書類を作成して提出したのであるが、Bという地区の受付が出来ない!と

お断りを頂いてしまったのである。

理由を聞くと「電子入札なので、同じ技術者を使うことは出来ない」との事である。

そっか~とその時は納得したつもりなのであるが、よくよく考えて見れば何か変なのである。

A地区もB地区も2本ずつの工事である為に、どちらか片方が落札できた場合は片方は

参加できないという取り抜け方式なのである。

しかし、A地区の2本の工事は同じ技術者で可能だが、B地区の技術者を兼ねる事は

出来ないとの事なのである。

私の所の企業体はA地区、B地区共に同じ技術者で名前を挙げたのである。

ちょっと待てよ、「電子入札で同じ技術者を使えない」と云うのであればA地区の

2本も別の技術者じゃないとまずいんじゃないの?と思うのである。どの物件が

落札できるかも判らないのに、受付すらして頂けないの?。。。何か変だなぁと思うのである。

「別な技術者で有れば可能ですよ」そりゃ、当たり前でしょ。。。でもねぇ。。。

どの工事が落札できるかも判らない訳だし、公募の条件としては満たしているのである。

同じ日に入札なのであるから、他の工事を落札した時点で辞退するというなら話が

判らなくもないのであるが、最初から受付して頂けないというのは、受注出来る可能性が

始めから無くなってしまうということなのである。

何だか変だなぁ。。。と感じた一日なのである。

気持ちは判るけどね

 仕事の途中で携帯電話にメールが入るのである。誰かと思えばカミさんなのである。

別にカミさんからメールが入ること自体は珍しくないのであるが、内容が

次男坊を迎えに行って欲しいのと事なのである。何でも幼稚園のお友達の家に直接

遊びに行っていると云うことなのである。そのお友達の方も自宅へ遊びに来ることがあるので

結構仲良しの子供なのである。

丁度仕事で打ち合わせの予定が終わった所だったので、迎えに行くことにして

そのお宅にお伺いすると、次男坊は一生懸命に遊んでいたようで私の顔を見るなり

「泊まる!」と言い出すのである。お友達も一緒になって「泊まるんだよ」と言い出す始末で

玄関先で困ってしまったのであるが、明日が休みなら話が判らないわけでも無いが

明日は平日で、保育園もあるのである。

「明日は保育園もあるし、お休みじゃないから駄目」という私に5歳の二人は

徹底抗戦の構えなのである。

調子に乗って悪ふざけの域まで入り始めた倅をぶん殴ろうかとも考えたが

まぁ、ここはとりあえず我慢して話をして説得をするのである。

渋々帰る車の中で次男坊は不満顔なのである。普段余計な苦労をさせている事は

判っているので、甘えさせてあげたい気持ちが無いわけではないが、それとこれとは

やはり話が別なのである。

「我が儘を言うな」と言って怒ってしまえば話は簡単かもしれないが、半べそをかいていた

次男坊に何故今日は駄目なのかを、車の中で話をして帰るのである。

こうやって理屈で話をすると理屈っぽい子供になるかなぁ。。と思いながらも

話をするしか為す術がないのである。

旨く話が出来ないなぁ。。。と自分の不甲斐なさに反省するだけなのである。

安いワインと

 朝7:00から町内のゴミ拾いに手術したばかりの義母の代わりに出るのである。

約一時間ほど空き缶やゴミを拾いながら町内を歩き回り、汗をかいたと事で終了である。

自宅に戻り、仮面ライダー響鬼を悪童達と見ながら一人だけの朝食を頂くのである。

買い物に出かけてから、お昼には自宅で最後のスープカレーを頂いたのである。

やはり旨いのである。

東京では専門店が出来ていると聞いているが、私の住む場所では多分出店しないだろうと

思いながら、残り少なくなったスープカレーをどうやって補充しようかと考えた

日曜日なのである。

まさたろう帰る

 8:00にホテルにて起床なのである。

昨晩は、一次会をホテルで行った後に福島市内に出かけると、全員揃っての二次会となり

一時間半ほど、二次会で飲んでから解散なのである。

店から出るととりあえず解散して、それぞれが少人数になり、夜の町で消えたのである。

私の方は4人となり、三次会のお店は来る途中に看板を見ていた小洒落たショットバーへ

行くのである。まぁ、綺麗な女性でも連れて行くには結構良い雰囲気なのであるが

テーブルに座ったのは、いかつい4人の野郎共である。(笑)

4、5杯ほどジンを頂いて、ほろ酔いが芯まで来たかなぁ。。。というところで

支払いを済ませると、店を出るのである。

最後はやはりラーメンでしょ?と云うことになり、近くのカウンターしかないお店で

「志那そば」というそうめんの麺が少し縮れた感じのラーメンを頂くと膨れた腹を抱えて

ホテルに帰るのである。

途中コンビニに寄り込んで、アイス珈琲と何故かフルーツゼリーを買い込み

部屋に戻ると風呂に入って、買ってきたアイス珈琲とゼリーを食ってから就寝なのである。

多分26:00を過ぎていたのだろうと思うのだが、正確には判らないのである。

今日は10:00にホテルをチェックアウトして、那須で一度高速道路を降りて

県内でチェーン展開をしているステーキ屋さんに寄って、久々にステーキを頂くのである。

栃木県産の牛肉なんだそうであるが、今回の研修中の食事の中では一番旨いと思ったのである。

お支払いの金額は4000円でお釣りがちょっと来る程度なのである。

自宅へ戻ると、長男が寝ていたこともあって、下の二人と自転車に乗って近所を散歩し

ゆっくりと夕食を頂くのである。

さて、風呂にも入れたし。。。と思っていると携帯電話が鳴るのである。

出てみると、お仕事の話なのである。ちょっと前に「お仕事下さい」とお願いしておいた方で

その物件の図面が出来たというのである。直ぐにでもお邪魔したい所だったのであるが

既にビールは胃の中に入っていたのである。(笑)

お伺いする日程を決めさせて頂いて、本日は終了なのである。

さて、ゆっくりと寝ようと思うのである。

福島にて思うこと

 まさたろう@福島サンルートプラザなのである。

自分が所属するお騒がせ団体の研修に来ているのである。

そして研修させて頂いたのはこちらなのである。

会場入りすると13:30に設立説明から始まり、これまでの経緯、そして実績に至るまで

PPTを使用しながらの説明を受けるのである。

理事長を始め4名の方、そして事務を預かる方が4名の8名の方に対応して頂いたのである。

主に一人の理事さんがPPTを用いて説明をして頂いたのであるが、この理事さんは女性なのである!。

女性特有の優しい口調なのだが、しかし非常に真摯なそして聡明な方で正直驚いてしまったのである。

学識経験者という方ではなく、全くの主婦!なんだそうであるから、二度ビックリなのである。

しかし、相当に勉強されているようで、こちら側の質問の恣意する所までしっかりと

捕らえてお話をされていた事には、ただ頭が下がる思いなのである。

いやはや、何とも自分の勉強不足を痛感させられてしまったのである。

しっかりとした揺るがない視座をお持ちで、地域というものに対しても生活者としての視点から

考えておられるようである。

私達が普段属している「種」とは全く違う「種」から見ているはずなのであるが

行き着く答えが、ただ一点を覗けば全く同じという結論は非常に面白かったのである。

その一点という事について今回は触れないが、それが私達と彼女(失礼)の「種」の

違いを明確にしているだと思ったのである。

しかし「ムラ社会」という言葉が理事自身から出た事に対しては、非常に感謝しなくては

いけないだろうと思うのである。

つまり、まだ握手が出来る可能性が残されているという事だと思うのである。

まぁ、設立のバックグラウンドに恵まれているという事は間違いないのであるが

組織の設立目的がほぼ、設立当時のまま、失われずに保たれているというのは理事長を始め

それをサポートする理事さん達の情熱の賜物なのだろうと思うのである。

地域というテリトリーの考え方は長年土木行政に係わってきた方達のものだろうし

それについては私達も同じなのである。

ただ、時代の変化と共に俊敏な動きが取れる先方に対して、なかなか変化に対応する事が

遅れがちになる私達の業界との違いは非常に明確なようである。

「協働と信頼性」については、言うまでもないのである。

非常に参考になった研修だったのである、しかし参考になるにつれて、大きな課題も出来たようである。

その課題の解決策を模索しないといけないだろうと思うと、気が重くなりそうなのであるが

「同じ人間だ、何とかなるだろう」でやるしか無いようである。

いい加減にしとけよ

 明日から福島での研修となるので、その前に事務作業を色々と済ませておいたのである。

「大丈夫だろう」と思い業務終了と至る時間になってから携帯電話が鳴るのである。

話の内容を簡単に言えばこういう事である。

「あの人とはイヤだ!」と云うことである。

ヾ(・・;)ォィォィ、そう言っている貴方の会社の営業さんも納得して帰ったんだよ。。。。

「そんな事なら、最初から自分で足を運んで決めれば良いだろっ!!」ゴラッ(`□´) なのである。

決まった事を後から自分が気に入らないと云って、反故にするのか?と思うのである。

困った事を言い出すこの方。。。ちょっと前までは役職的に一番偉かったというのであるから

余計に手に負えないのである。

しかもお国から「あんたは偉い!」と賞状まで頂いている方だというのであるから本当に

呆れてモノが言えないのである。

その天の邪鬼を許してきた周りも、いけないと思うのである。

がしかしだ、子供が駄々をこねるのとは訳が違うのである。分別もあり、どちらかといえば

周囲から尊敬の念で、見られなくてはいけない立場に居る方なのである。

何かと挨拶をすれば「変革の時代だ!」と言っていたような気もするが一番変えられないのは

自分自身と言うことに気がついていない本当に可哀想な方なのである。

まぁ自分の庭の池でしか泳いでいなかったのだろうし、餌を分けてくれる方が沢山いたのだろうと

思うと、こうになってしまうのか?反面教師という意味では大変貴重な方である。

此処まで状況判断が出来なくても企業のトップが務まってしまうというのは、未だお気楽な

会社なんだろうなぁ。。。と感心するばかりである。

YESとしか言わない社員しかいない会社は、当然衰退するのである。

立場が違えば、モノの見方だって違うのである、そして会社にとって一番最良の方法を

決めていけば良いと思うのであるが、この方はどうも周りがYESと言い、自分の思うことが

通らないと、気が済まないようである。

それが世間一般常識からかけ離れたとしても、なのである。(笑)

こう書いていると、陰で_-)))コソコソと言っているように思われるかも知れないが

「ケンカ上等、何時でも買ってやる」とは当の不良が公言している事は周知の通りなのである。

まぁ、自分の会社のトップがそういう感覚の持ち主でなかった事に感謝なのである。

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク