ガイアの夜明け

 で、昨晩やっていたGT-R開発秘話というモノを見たのである。

確かに777万円という驚異的なコストであれだけのモノを造った

という事には、頭が下がる思いなのである。

でも、質感がどうなんだろうね?と、率直に思うのである。

高いモノはやはりそれなりに良い材料を使っているから高い訳で

外国製の自動車については、納得させられる部分が有るのである。

が、そんな事を比較した所で、自動車の走る環境が違う外国と日本では

ひとつの土俵で話をする事が出来ないと思うのである。

ただ、あれだけのラップタイムを出して、全開走行をした時の燃費は

非常に気になる所だったのであるが、それについては触れられておらず

「秘話」というのは人的なモノだけだなぁ。。と思うのである。

2t弱の重量を、あの排気量であれだけ振り回すとすれば、当然

かなり悪いだろうと思うのである。

3800ccのV6で、6400回転という高回転でエンジンを長時間

回せば、相当な熱量が発生するのである。

鍛造のピストンだったり、エンジンブロックの材質に高価なモノが

使われていれば、問題ないのであるが、そこは流石に量産車の777万円で

あるから、後は何でまかなうかと言えば、燃料をリッチ目にして、冷却を

まかなったりしないと、いけないだろうなぁと思うのである。

外国車びいきではないのであるが、高性能の日本製スポーツカーって

フルに性能を発揮させようとすると、極端に何かを引き替えにする事が

多いのである。

開発コンセプトのベースにある環境的なモノや土壌が違うから、それは

仕方ないと思うのであるが、やはり荷車の延長から抜け出せないのは

日本車なんだろうなぁと思うのである。

あれだけのモノを廉価に送り出した技術陣は、凄いなぁと思うのであるが

どうせならもっと過激で(外国車とあらゆる意味で)肩が並べられる

車を作って欲しかったなぁ。。と思うのである。

モノが溢れてしまっている今の時代だけに、昔のような感動を覚える

瞬間が無くなってしまって、Zでもそうなのであるが、どうせなら

もう少し金をかける部分が有っても、「憧れ」となるのなら、良いのでは

無いかと思うのである。

確かに売れなければ仕方ないのだから、その辺りのさじ加減は非常に

難しいと思うのである。

777万円という、非常にコストパフォーマンスに優れたスポーツカー

なのであるが、スポーツカーなら快適さは多少犠牲にして、走りだけに

こだわった方が、自分好みなのであるが、その辺の割り切りが出来ない

部分が、日本車らしいかなぁと思った昨晩だったのである。
スポンサーサイト

theme : 自動車・バイク関連ニュース
genre : 車・バイク

tag : ガイアの夜明け GT-R 開発秘話

総合学習支援活動

 何度目の総合学習支援活動になるのかと思いながら、小学校に

到着するのである。

総合学習支援活動って何だ?と聞かれれば、野外授業の先生役を私達

建設業協会の若手が中心になって、「地域の建設業」を知って貰おうと

お話をしたり、実技を行ったりするのである。

毎年、色々な小学校を訪ねては開催させて貰っているのである。

今回は旧葛生町の小学校を訪ねて6年生を対象として、パネル展示や

測量機を使った体験をして貰ったのである。

機械モノには、やはり男の子は興味津々で取り付いていたのであるが

中には女の子でも、物珍しさなのか、真剣に測量を行っていた子もいて

ビックリさせられるのである。

先生の話では、今では小学校からでも、将来の就職の事などを話す時間が

有ったりするそうであるが、それだけ地方で正規雇用される事が

難しいという実態を反映しているのかと思うと、その受け皿としての

機能が年々失われている私達業界の情けなさを、再認識させられる事と

なったのである。

「地図に名前の載る仕事なんだよ」と言った所で、その仕事を通じて

家庭を養っていけるだけの糧が確保できなければ、それは虚しい言葉に

なってしまうのである。

少し前の自動車や二輪車の業界の方達は、「好きだから」という理由で

「低賃金致し方なし」みたいな風潮が当たり前だった様に覚えているので

あるが、一家の親父となる歳になってくると、そうも言ってられずに

自分を含めて、多くの友人達も業界を離れた経験しているのである。

私達の業界もそういった事態になれば、更に人材確保が困難になってしまい

ただでさえ、自然相手の環境で、監督1人が育つのに10年掛かると

言われる業界なだけに、今のウチから考えておかないと大変な問題に

なりかねないと思うのである。

そして一通りの事が終わり、解散した後に先生と話をする時間があって

色々と聞かせて頂いたのであるが、就職先が無いという地方の現状と

昔のような地域という共同体が崩壊してしまっている現在では

先生も、大変なんだなぁ。。。と、考えさせられるのである。

「義務は放りっぱなしで責任!責任!と言われる」とは、先日誰かから

聞いた話だったのであるが、ホントに白黒ハッキリしないといけないという

せしがない世の中になってしまったのだなぁ。。と、実感するのである。

私達よりも確実に大変な時代を生きて行かなくてはいけない、子供達に

頭の下がる思いがした今日の出来事なのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

tag : 総合学習支援活動

がらっと変えて

 今回からやり方を変えてみた工程会議なのである。

主体は担当者が「自分で話す」なのである。

とはいえ、最初からPPT何かを作ってという事ではなくて、ホワイトボードに

書いて説明するだけの事なのである。

内容について、今回は細かい事はどうでも良いのである。

回数を重ねる事によって、充実させれば良い話であって、最初は

こんなモンで良いと思うのである。

聞いている方は「判らなければ質問をする」のである。

話し下手だろうが、何であろうが、最終的に相手に判って貰えれば

良いと思うのである。

やり方自由、書式無しのアバウトな方式で始めて見たのである。

だんだんと手慣れてくれば、便利なモノを使って済まそうとするのは

人間なのである。

決算までに、幾ばくかの体力が残っているウチに、何とかしたいと

思っているのである。

「管理する」のではなく、「やらせてみる」のが良いと思うのである。

対価が貰えるのだから、こんな良い話は無いと思うのである。

会社は道具なのである。

大事に使えば、一生飯の種になるのである。

利益が出ないなら、みんなで考えてみるのである。

みんなで考えて、駄目なら何処も一緒だと思うのである。

やった結果は、決算で見えるのである。

ただ不安に思うのは、受注の見込みが余りにも少ないと言うだけである。

下請けでも何でも良いのである。

道具を使って、みんなが飯を食えれば言う事無いのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

のんびりとした

 晴れ渡った秋の空の日曜日なのである。

多分、日曜日で予定が入っていないのは今日が

最後だと思うのである。

後は子供の予定だったり、大人の予定だったりで

のんびり出来るのは来月の18日だと記憶していて

いるのである。

午前中に、お袋に頼まれて家族を連れて出かけて

そのまま昼食となるのである。

昼寝をした後に、次男坊との約束通りに

キャッチボールなどに戯れて、ほぼ終了するのである。

習字で何だか賞を頂いて来たそうで、ご褒美なのである。

夕食にビールを少し頂いてから、悪童達と風呂に入り

風林火山を全員で見てから(笑)悪童達は布団に入るのである。

土日の寝る時間が、一番遅い21:00になるのである。

見ろと言った訳では無いのであるが、大人が見ていたので

悪童達まで見るようになってしまったのである。

さて、静かになった残りの時間は、ゆっくりと本でも読んで

明日に備えようと思うのである。

theme : 日常のひとコマ
genre : 育児

雨でしたが

 義弟の下の子の七五三だったのである。

昨晩は、今週中に仕上げておかないといけない書類が

有ったので、遅くなる事をメールで連絡しておいて

書類を作っていたのである。

日付も変わろうかという時間に、ようやく一段落して

家路についたのである。

遅い夕食を取りながら、明日は雨にならないと良いなぁと

思っていたのであるが、起きてみれば台風の余波もあって

結構な雨量なのである。

「これは行かないとダメだねぇ」とカミさんもぼやいていて

朝食が終わってみれば、洗濯物のかごが3つほど玄関に

出てくるのである。

家の掃除をカミさんにお願いして、私はコインランドリーに

車を走らせるのである。(笑)

洗濯物が乾かないのは、どこも一緒な様で、ついてみれば結構な

混雑ぶりなのである。

運良く、空いている最後の一個の乾燥機に洗濯物を放り込んで

乾燥機を動かすのである。

40分ほど、乾燥機を動かして乾いた洗濯物をたたんでいると

コインランドリーに来ている方達全てが主婦の方のようで

男は私一人という事に気がついてしまい、何となくバツが悪いような

気がしながら、たたみ終えた洗濯物をかごに仕舞い込んでから

自宅へ戻るのである。

「どっひゃ~、早くしないと間に合わないぞ!」と悪童三人に

スーツを着せ始めるのであるが、何で女性は化粧に時間が掛かるかなぁと

毎度の事ながら、大変だなぁと思うのである。

降りしきる雨の中、七五三を済ませて昼食の会場へ移動するのであるが

悪童達は既に靴下まで濡れている状態で、靴下だけを脱いで座敷に上がり

義弟の悪童二人と我が家の悪童三人が混ざって、賑やかと言うよりも

うるさい昼食が進むのである。

「一人くらい女の子だったら、ああやって着物を着て華やかなのにねぇ」と

年々、汚くなる(爆)悪童達に囲まれての御一献となり、14時前には

既に撃沈寸前になってしまうのである。

自宅に戻りスーツを脱ぎ捨てると、速攻で爆睡モードに突入してしまい

起こされてみれば、こんな時間なのである。

今夜は寝られるのだろうか?と思いながら、これから夕食となるのであるが

全くお腹が空いていないので、風呂にでもゆっくりと浸かってアルコールを

抜いてから、遅めの夕食にでもしようかと思うのである。

theme : 七五三
genre : 育児

「象の背中」のつづき

 昨日は自宅に戻ってから風呂に入る前に、下の二人に「象の背中」の

アニメーションを見せてみたのである。

無声アニメなので、登場人物だけは説明をしながら見せてみたのである。

象のお父さんはが病気で死んでしまう事、そして動物の象は死期を

悟ると、群れから離れて死ぬ事を教えたのである。

一番下の三男坊は、流石に四歳だけあって、意味が判らずにただ観ていた

のであるが、七歳の次男坊は、食い入るように画面を見ていたのである。

象の子供達がおもちゃを取り合って喧嘩しているシーンやら、お風呂に

みんなで入るシーンをジッと観ていたのである。

2話を見終わると、次男坊は「パパ、風呂に入ろう」と、いつもは

テレビに夢中で呼んでも、なかなか来ないくせに、それが自分から

風呂に向かっていったので、「んっ?」と思ったのであるが、一瞬

次男坊が目に涙を溜めているように見えたのである。

三男坊を連れて風呂に入ってみると、次男坊は既に浴槽に入っていて

顔を見つめたら、珍しく顔を一生懸命に洗っているのである。

「こいつ、もしかして泣いていたのかな?」と、思いながら、普段のように

風呂から出ると、真っ先に着替えを済ませて、トイレに入ると

「パパっ、先に寝るから」と、台風でも来るかと思うような発言に

ビックリしてしまったのである。

少しして、寝ている次男坊を覗いてみると、既に寝入っている様で

顔まで掛かっている布団を直してみれば、やはり泣いていたようで

顔と枕が濡れていたのである。

「その感受性の豊かさと、優しさは一生無くさないで欲しいなぁ」と

普段の悪さからは想像できない、一面を確認したようで、嬉しいような

悪かったかなぁ。。。と反省をした昨晩だったのである。

theme : 男の育児
genre : 育児

こりゃぁ、観られませんね。

 ニュースを見ていたら「日本一泣ける短編です」というコピーで

象の背中」というアニメーションの記事が目に付いたので、早速

動画サイトで探してみたのである。

このアニメは「旅立つ日」と「雲の上のお父さん」の2話で構成されて

いるのである。

早速観てみたのであるが・・・・・「朝から号泣(笑)」なのである。

2話とも観た後で、他のモノを探してみると、何と映画化もされていて

役所広司が主演らしいのである。

動画サイトなどでは大杉漣のバージョンが有ったりで、興味津々なのであるが

こんなもん、とても映画館なんぞに行って見た日には、号泣モンで

恥ずかしくて観られないだろうと思うのである。

多分、自分の身の回りで起こった事と、このアニメがラップする部分が

有って、共感してしまうのだろうと思うのであるが、多かれ少なかれ

皆が同じ様な経験を持っているから、このように多くのプレビュー数が

上がっているのだと思うのである。

リンクを張る事は控えさえて頂こうと思うのであるが、簡単に検索できると

思うので、是非、観て頂きたいなぁ。。。と思うのである。

ちなみに会社では見ない方が(泣いちゃいますから)良いと思うのである。

theme : 日本映画
genre : 映画

tag : 象の背中 旅立つ日 雲の上のお父さん

いやはや・・

 少し重たい頭を抱えて、宇都宮のホテルにて起床、なのである。

先日、意見交換会の下打ち合わせをしたのが、10月10日だったと

記憶しているのである。

本番の意見交換は2時間の時間を使って行われた訳であるが、最初に

発注者側から「社会資本整備を巡る現状について」という形で

PPTを用いた説明が行われたのである。

手元には、そのPPTを印刷した資料が配られていて、50ページ弱の

資料となっていたのである。

説明を聞きながら読んでいくと、そこには先日、下打ち合わせで

行った質問に対する回答が全て網羅されていて、それを支えるであろう

バックデータは10日前のモノまで、添付されているという最新版の

データなのである。

説明を聞きながら、資料に手早く目を通して行きながら、色々と考えが

頭をよぎるのである。

「してやられたな、これじゃ国会の代表者質問と一緒で、質問に対しての

回答を始めから用意したお膳立て完了会議」と、なってしまったのである。

流石に、やる事にそつがないのである。

これでは何を言ったところで、「最初に説明したとおりです」と

言われてしまえば、次の言葉が出ない状況になってしまうのである。

会議テーブルの前列に並んでいるトップクラスは悠々としていて

その後方に控えている事務方は、してやったり顔なのである。

先日の打ち合わせで、ウチらの御輿を踏んづけられた部分は

何処かで取り返そうと思っていた私にとっては、いきなりのカウンター

パンチを貰ってしまった様な状況となってしまったのである。

それは出席者全員が感じたようで、説明が終わった後に始まった冒頭の

進行はタジタジなのである。

それでも、「一般市民としての視座」は、私の方が持っているだろう?

と、自分を励ましながら、お役目の先方を務め始めるのである。

しかし、こうなると、やはり考えなくてはいけない訳で、ひとつの事を

話のに、問題点を同時に取り上げる訳にはいかずに、ストーリーの中の

ひとつ、そしてひとつと問題を出していく事が精一杯なのである。

次鋒、中堅と私の次が控えていたハズなのであるが、それも既に

タジタジなのである。

こうなると、もはや自分の会社の事を考えている様では、太刀打ち

出来ないと判れば、腹を括るしか無い訳である。

ただ、余りも担当直中な表現は避けなければいけない訳で、言葉を

選びながら、今、最前線の現場で起こっている状況に対して、淡々と

説明をしながら、意見を求める様になった訳である。

一通り説明が終わってみれば、会場は物音一つしない雰囲気で、流石に

ビビリながらも、「言っていくしか無いんだよね」と自分自身に

暗示を掛けるのが精一杯なのである。

2つ3つのやりとりが終わる頃に、ようやく雰囲気が和んできた様な

空気が流れ始め、そうなれば後は、前向きに話をするだけとなるのである。

何とか意見交換やらも終わり、その後の会場で緊張が解けた私は

流石に「おめぇら、ひどかんべ!!」と、苦笑いをしながらの

御一献となったのである。

いやはや、二年前にもやってしまったというのに、今回もやってしまうと

なると、やはり私には「反省」という言葉が無いのだなぁ。。と

改めて、思い知らされてしまった昨日だったのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

今日の意見交換会は

 スケープゴートだったのね、なのである。(笑)

事前の役員会で内容を確認してから、本番である、お国との

意見交換会となったのであるが、話をした後に会場が

「シーン・・・・・」となってしまった事には、流石に

ビビってしまったのである。(爆)

事前の話と違うじゃん!!と、後悔したところで

後からするから後悔というのである。

管理職としては、これで受注機会が減るとすれば

失格なのである。

が、言わなくてはいけない事は、ちゃんと言わないとまずいと

考えていた訳であるから、これで良いのである。

ただ、私が言わなくてはいけない問題だったのか?は疑問が

残ったような気がするのである。

社員の皆さん、ごめんなさい、というしか方法は無いかと

思うのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

まぁ、そんなもの

 土曜日が、半ドンだったような感じの連休だったのであるが

出張も有ったりで、木曜日以来の出社となった今日なのである。

出社してみれば、先日頼んでおいたデスクトップが2台届いていたり

机の上が、書類の山だったりするのである。(笑)

予定を確認しながら、2台のパソコンをセットアップしてネットワークの

環境やらプリンターの設定をして、後は使う担当者にお任せとなるのである。

積算の詰めと、入札の準備を終わらせてから、用事を済ませる為に午後から

出掛けて、終わったのが今時間なのである。

明日は意見交換会が予定に入っていて、その後は懇親会の予定と

なっているのである。

ただ、行きたくないなぁ。。。と言う所が、自分の中に少しあって

建設的な意見が出るかどうかは、怪しいところなのである。

今の建設業の元気が無い理由は、全員が知っている?事であって

それを切実に訴える事が出来れば良いかと思うのであるが、何だか

ちゃんちゃんで終わりそうな気配なのである。

それはそれで、仕方ないと割り切れるほど、私は人間が出来てないかと

思っているのである。

こうなってしまった業界に魅力を感じる若い人達がいるとは、到底

思えない訳で、何だか最近はスパイラル的に落ち込む方向に

進んでいるような気がして、滅入っている事も事実なのかもしれないと

思うのである。

ただ、「やる事はやらないと、本当に始まらない」のは、私にも

判っている事なので、やっているつもりなのではあるが、いかんせん

テンションが低いなぁ・・という感がぬぐえない事も事実なのである。

引きこもるのも一つの手段として有って、こういった時はじっくりと

社内の事に専念する事も、方法なのかもしれないのである。

ただ、最近の愚痴っぽくなってしまっている日記に対して、共感の

メールを頂いたりしてしまうと、ありがたい気持ちと、書いていて

余計に落ち込んでみたりと、複雑な気持ちになってしまうのである。

まだ、こうやって書ける事自体が、幸せな事なのかもしれないし

文句を言う元気が有る事自体が、恵まれているのかもしれないのである。

目先のお金に追われる事や、受注の見込みすら目処が立たずに、ただ

考えるだけになってしまっては、もやは文句を言う元気すら無くなって

しまうのかもしれないのである。

と言いながら、またも愚痴を書いてしまった今日の出来事なのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

三男坊の運動会

 連休の日曜日、どこに行こうかと考えていたら

「明日は運動会だから、早起きして下さいね」と

カミさんに言われて、三男坊の運動会だと知らされる

私なのである。(爆)

という事で、朝からカミさんと一緒に起き出して

唐揚げを揚げたり、厚焼き玉子を作ったりしながら

悪童達を起こそうと思えば、休みの日だけは起こさなくても

ちゃんと起きてくる悪童達がいたりするのである。(笑)

何でも、次男坊は午後からベーゴマ大会が有るらしいので

そっちにも行かなくてはいけないようなので、結構バタバタと

忙しくなりそうな日曜日なのである。

ちなみに今日は、佐野市の子供の国では食育のイベントが

開催されていて、次男坊の行くというベーゴマ大会は

佐野市商工会の「まちなか楽市」というイベントの一環で

行われる様なので、興味のある方は出かけて見て欲しいと

思うのである。

物産展、フリマ、輪投げや綿菓子も有るようなので、子供連れの

家族には丁度良いのかもしれないのである。

theme : 育児日記
genre : 育児

晴れ渡った秋の空

 6:00起床、太田原は晴れなのである。

昨晩は一次会が終わり、二次会の席上へ移動した後に

何だか調子がイマイチで、二次会が始まって

いくらもしないうちに撃沈してしまったのである。

部屋に戻り、時計を見た時に21:00過ぎだったと

記憶しているのであるが、朝までしっかりと

寝てしまったのである。

珍しく、朝からお腹が空いてしまい、朝食を

がっちりと食べてしまったのである。

朝食後、そのまま流れ解散となった事もあって

何処かに寄り込んで、おみやげでも買おうかと

思ったのであるが、行楽シーズンで、道が混まないうちに

帰ろうと思い直し、そのまま高速に乗って帰ってきたのである。

自宅に着くと、待ちかまえていた悪童達が、「遊びに行こう」

というのを、午前中はカミさんにお願いして、私はひとり自宅で

落とした珈琲を片手に、ゆっくり過ごさせて貰う予定なのである。

さて、ごろ寝して午後にでも、備えようと思うのである。

今夜は長男と、プールでデートの予定も入っているのである。

theme : 日常のひとコマ
genre : 育児

今日は

 まさたろう@栃木県の大田原市なのである。

安全運転管理者の方の会合で、来ているのである。

まぁ仕事のひとつなのであるが、丁度良い骨休めに

なったかと思うのである。

会社も明日が休みなので、丁度良いのである。

今夜は、このままご一献となる予定なので、残らない程度に

呑んで、ゆっくりと寝ようかと思うのである。

明日は、悪童達も休みなので、早めに帰ってあげようと

思うのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

根拠を持って

 色々と話をしながら、決めて貰いたいと思うのである。

下水道工事の下検査でマンホールにパッカーをして、マンホールや管路に

水張り試験をすること自体も、何の根拠が有ってやるのか判らないし

マンホール部で3cm下がったら、再施工という根拠についても、取り出しの

汚水桝が何十箇所有って無くても同じというのは理屈的にいかがなモノかと

思うのである。

基本的には甲乙対等の契約となっているのであるから、何かしらの

管理方法や、特別にやらなくてはいけない事を、契約前に書いておくのが

設計書に添付されている特記仕様書なのであるが、何も特記に書かれて

いなくて、契約後に「これをやって下さい」と、費用が発生するモノを

平気で要求してくる事には閉口してしまうのである。

もっと突っ込んで言ってしまえば、契約違反とならないのかと

思ってしまうのである。

根拠があって、色々と注意を言われたり、こちら側に落ち度が有って

クレームを言われてしまう事については、仕方ないのであるが

契約書に無い事を平気で、要求してくること自体、かなりおかしいと

思うのである。

民間工事であれば、当然、追加工事となるはずの内容なのである。

こういった要求が多くなれば多くなるほど、こちら側としては、ますます

受注しようとする意欲が無くなってしまうのである。

某発注機関のように、応札者がゼロ、という工事だって頻発してしまえば

一番に困るのは誰なのか、本当の顧客は誰で、あなた達は誰の代理人で

管理監督しているのか?と聞きたくなってしまうのである。

何も利益が出ないから、という問題から言っているのではなく、

基本的に契約対等でしょ?の話をしているのである。

良いモノを、しっかりと作って、提供したいと考えていても、無理難題を

要求されてしまえば、意欲が無くなってしまうのである。

少し前にも書いた事であるが、「アカンものはアカン」と、しっかりと

声を伝えるべきで、その声は一個人が言ったところで戯言になってしまう

のであるから、こういった事に対しては、ちゃんとした協会団体で

申し入れをしていくべきだと思うのである。

有る意味では、某発注機関の法が法的な見解からしっかりと、考えて

(保身?)いる部分もあるのだから、その辺は、ちゃんとしていると

思うのである。

しかし、地方自治に来ると、誰かでは無いが「私が法律だ」という方を

拝見する事もしばしばなのである。

その方に、一個人が意見を言ったところで、恨まれるのが関の山で

ちゃんとした議論にならない事が多いのには、残念なのである。

これも市町村合併の弊害のひとつかもしれないと思うと、本当に

やらない方が良かったと、つくづく思ってしまう、今日の出来事なのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

めっきりと

 朝晩が寒くなってきて、秋も後半なんだなぁ。。と感じる季節に

なってきたと思うのである。

タオルケットをぶん投げて寝ていた、悪童達が薄掛け布団で寝ている

私の足下に潜り込んできた事で、確認してしまったりするのである。(笑)

仕事も準備工だったり、照査だったりで、バタバタと始まって来たと

思うのであるが、そんな中で、みんなに手伝って貰って書類の片付けやら

何やらをやってしまおうと、慌ただしくやっているのである。

こうやって、じっくりと出来る時は、やりたかった事を逃さずに

やる事が出来るので、大変なのであるが、面白かったりもするのである。

明日は一日、別な作業が入っているので、それをやると、その後は

予定が入っているので、今週は終了となってしまうのである。

さてと。。。帰って風呂に入ってから、秋の夜長を書類でも眺めて

過ごそうと思うのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

じっくりと

 腰を据えて書類書きに追われてみたのである。

途中、用事を済ませならがランチを取って、また事務所へ戻るのである。

横で音楽を掛けながら、ひたすら考え事をしながら、淡々と作業を進め

気がつけば、こんな時間なのである。

長男坊とのプールでデートをさぼってしまったのであるが、その分は

何処かで、返してあげようと思うのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

今頃になって

 毎年なら6月頃に行っている作業を、今頃になってやっているのである。

「良いじゃないですか、忙しいのなら」と言われそうなのであるが

「仕事が有って忙しい」のであれば、大歓迎なのであるが

「仕事が無くて、忙しい」のは、本当に困りものなのである。

では、暇ならやったのか?と聞かれてしまうと、暇なら暇なりに

時間を浪費してしまうので、作業は進まないのかもしれないのである。

しかし、今年はその「暇」が、全くない状況が続いてしまっていて

今の今まで来てしまったのである。

おそらく今週だけかと思われるのである。

と言う事で、頭の中で考えなくてはいけない作業は、集中しないと

気が散って出来なくなってしまうのである。

という事で、ようやく手を付け始めた様な有様なのである。

管理責任者として失格ですな、なのであるが、今週中に気合いを入れて

仕上げてしまおうと思っているのである。

と言う事で、今週の「出来事」は、余り面白くない(普段からか?)モノと

なってしまうと思っているのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

蕎麦祭り

 6:30起床、佐野は晴れになるようである。

さて、今日はカミさんが市民戦との事で、悪童たちと

4人で過ごす日曜日になるのである。

そう言えば、昨日今日と旧田沼のグリーンスポーツセンターで

蕎麦祭りが開催されているので、昼食を兼ねて、悪童たちと

遊びに行ってこようかと思っているのである。

私が蕎麦好きな事も有って、悪童達も蕎麦は結構好きな方で

よく食べるのである。

ただ、グリーンスポーツセンターに行く道は、表から行くと

一本道で混んでしまいそうなので、ゴルフ場のある裏から

入っていくと、混まないかもしれないなぁ。。と思うのである。

実際、昨日も結構な車の量だったように思っていたのである。

毎年開催している、「どまんなかたぬま」のイベントと違い

建設業が参加している訳ではないのであるが(出来たら異業種だね)

地元で有名だったりと、色々な蕎麦屋さんが出店しているというので

存分に味わってこようと思うのである。

theme : お散歩・お出かけ
genre : ライフ

なんでそうなるの?

 土量計算をしていて、悩んでいるのである。

掘削土量がレキ質土で5380.9+50.3=5431.2m3なのである。

発生土盛土やら埋め戻しやらで、その土量が6240.1m3なのである。

計算書であるから、数字は地山の土量だと思うのである。

それを残土処理工としては、下のような計算式になっているのである。

5431.2-(6240.1)/0.9=-1522.2m3

まぁ、括弧内は足し算が色々と入るのであるが、合計すると、括弧内の

数字になるのである。

つまり、発生土盛土の量が足りないという事なのであるが、その数字が

合わないのである。(笑)

今頃、こんな計算をやっていて、

「ホントに一級土木の資格をもっているの?」と疑われてしまいそう

なのであるが、計算が合わないので、悩んでいるのである。

レキ質土であれば、係数としてはC=0.9、L=1.2だろうし、何と言っても

土量計算書なるものから、引っ張ってきているのであるから

積算基準に準じていると思うのである。

仕方ないので、週末も悩んでみようと思うのである。(爆)

theme : 建設業
genre : ビジネス

ちゃんと話そうよ

 意見交換というのは、お互いに前提が有って色々と話をする訳で

耳が痛い事だって有るだろうし、色々な事を一歩下がって真摯に受け止め

指摘された事が有れば、お互いに直せば良いのである。

その前提が、しっかりと出来上がっているのか?と疑いだしてしまえば

何も言う事が出来なくなってしまうのである。

連日、意見交換会が相手を変えながら続いたのである。

相手側から内心見下されていれば、私達が何を言おうと、それは

戯言に過ぎなくなってしまうのである。

少し前に尊敬する先輩が言っていた事が頭をよぎるのである。

「しっかりと自分達を冷静に判断した上で理論武装をして話をする」

自分の勉強不足を痛感した場面でも有った訳で、まだまだ力不足で

大いに反省しなくてはいけないのである。

しかし、少なくとも自分たちが思っている事、そして考えている事は

しっかりと自分の口から言うべきだと思うのである。

「ざっくばらんに話せ」と言われて、本音を話すと後からしっかりと

敵は取られるからね、となってしまえば、そもそも意見交換など

する意味が無くなってしまうのである。

相手側が真剣に考えてくれると思っているのなら、別かもしれないが

保身が第一、切り捨て良策と思っているのであれば、それこそもっと

大きな声で切実に訴えていかないと、右から左へ流されて終わりと

なってしまうと思うのである。

そもそも、最前線の状況を把握しない事は、もっとまずいと思うのである。

何だか愚痴っぽくなってしまったので、この辺で辞めておこうと思うのである。

しかし悪い事ばかりでは無くて、久しぶりに「士」という言葉が

合うような方にも出会えた事は、何より嬉しい事なのである。

業界とはいえ、「政策」を考え始めると、やはり「人間」という部分を

見つめなくてはいけなくなるので、あのような形になるのかな?と

思ったのであるが、「軸のぶれない」というか、言葉が適切かどうかは

別にして「信念」もしくは「哲学」をお持ちの方だなぁ。。と

思ったのである。

そして、それは技術屋としてプライドに裏打ちされているのであるから

尊敬出来る方かと思うのである。

あの様な方が全てでは無いし、今の若い方に単純に「見習って欲しい」と

言った所で、彼らはクレーマーに近い方の処理や、説明責任という

表面の事務処理に忙しい事も事実なのである。

「技術力の低下が著しい」のであれば、それを、こちら側が補えるような

提案や代案だって必要になってくると思うのである。

色々な環境が折り重なっている今の状況を、ひとつの解で解決するなど

出来ない話だと思うのである。

物事を大きく捉える部分、その大きな部分の小さな事を捉える部分

それが全体に及ぼす影響といった様々な角度から見ていかないと

気がついたら、足下が無くなっていたという事にもなりかねないのが

今、私達が置かれている状況なのである。

反省すべきは大いに反省し、違うモノは違うと、ハッキリと言うべき

だと思うのである。

ただ、それが簡単に思えてしまうのは、私がサラリーマンだからかも

しれないのであるが。

話は逸れて、昨晩の亀田戦は、どうだったのだろう?と思うのである。

少し前のホリエモンの一連と同じ様な感覚ではなかったのか?と

TVを見ながら思ったりするのである。

「お金が有れば何をしても許される」という時代の寵児を簡単に

世間が見捨てたように、「力が有れば、何でもあり」を持て囃し

いとも簡単に見捨てていく様を見ているようで、正直恐いなぁと

思ったのである。

別に亀田選手を庇っているのではないのである。

私もあの態度には「ムカッ」と来た1人なのである。

しかし、あれだけ持て囃したのは、何だったのか?と、一歩下がると

恐いモノを感じてしまったのである。

ただ、いただけなかったのは、アナウンサーの贔屓寄りな解説に

結局、「大衆受けしないと不味い」という事情が見えて、閉口したのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

今日は

別の所と意見交換会なのである。

夜にでも更新するか?と、思っていたのであるが

帰って来たのが、この時間なのである。

という事で、今日はお休みさせて頂きます、なのである。

詳細は明日にでも書こうと思うのである。

大変、申し訳ありません、なのである。

建ブロの日【コメント投稿について】

 という事で、建ブロの共通お題投稿日なのである。

コメント投稿という事なのであるが、頂くとうれしいモノで

「読んでいる人がいるんだねぇ」という気になるのである。

共通の話題だったりすると、コメントを投稿させて頂いたりすることも

有ったりするのである。

まぁ、基本的には日記自体が師匠の言った「反省の行為」なのだと

思っているので、自分自身を見直す作業の位置付けなので

コメントが無くても、ただ書いているのである。

という事で、今月のお題の「コメント投稿について」は終了なのである。

さて、今日は午前中に事務処理を済ませて、午後から意見交換会の為の

準備会なので、宇都宮へ入っていたのである。

前話として、色々とするのかと思えば、本番さながらの意見交換となり

少し準備不足を指摘されたりと、番狂わせが有ったりするのであるが

結果的には、「最後は人になってしまうのかなぁ」なのである。

さて、しっかりと準備しておかないとね、と確認したところで

本日は終了なのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

あやや・・・( ; ゚Д゚)

 何とも痛ましいというか、人の命っていうのは、儚いモノだと

知らさせる事故のニュースなのである。

単車を降りてからも、たびたびTVやレースの番組で、お顔は見ていて

知っていたのであるが、ノリックこと安部典史氏が交通事故で

お亡くなりになったとの事なのである。

まぁ、どうしても車に比べて体の露出が多いオートバイは危険性が

高いのである。

レースを生業とする方が、一般道で二輪車を運転しないというのは

意外に多いのである。

それだけ、クローズドのサーキットに比べて、危険性が高いという

裏返しなのかもしれないのであるが、ノリックも滅多に乗らないバイクに

この日は乗っていたというのであるから、運が悪いというか、魔が差した

というほか無いのである。

私も以前、二輪関係の仕事をしていた時に、多くの事故を見てきたし

多くの友人も事故で失った経験が有るのであるが、変な事に

バイクが大きく壊れた時は、搭乗者は軽傷で、バイクが殆ど無傷の時に

搭乗者が逝ってしまうという事例を多く経験したように思うのである。

ツーリングクラブの会長や、大型免許を取りに行って仲良くなった

友人の何人かも、事故で帰らぬ人となってしまったのである。

先日、温泉に行った時も多くのライダー達がツーリングを楽しんでいる

様子を車の車内から見ていたのである。

が、多くの台数で走っているライダーに比べて、単独もしくは2、3台で

走っている方を見ていると、マナーの悪さが目立っていたようにも

思ったのである。

道路交通法が改正されて、高速道路の二人乗りも解禁されて、昔よりも

もっと身近に、そして手軽になったオートバイなのである。

年々、高性能化する一方で、年々悪くなる交通事情とマナーの中で

自分の身を守るのは大変になっていく一方なのである。

手軽に二人乗りも出来るようになったのであるが、それは一人の命の

責任も背負って走るという事なのである。

自分たちが走っていた時は、とても他人の命を背負って走るという事など

考えられなかった時代だったのである。

こんな事を書いていると、「だから、乗らないでね」とカミさんから

言われてしまいそうなのであるが、それでも乗りたいという気持ちは

ずっと抱えているのである。

セナが無くなって見なくなったF1、そして単車を降りて以来、ずっと

見ないようにしているオートバイ。

確かに、良い部分が有るから乗りたくなる訳なのであるが、命と

引き替えにするのだけは、ゴメン被りたいと思うのである。

しかし、自分の命を守るのは、自分しかいないのもオートバイなのである。

theme : つぶやき
genre : 車・バイク

最終日は

 三連休も最終日という事なのであるが、残念ながら

時折、小雨の混じる朝となったのである。

下の悪童二人は、朝食を取りながら「ザリガニ取り」と

騒いでいるので、朝食を済ませてから、近くの用水路に

虫網と竹の棒を持って、出掛けるのである。

竹の棒に、さきイカを糸で付けて、マッカチ(紅いザリガニ)の

目の前に垂らして上げると、ハサミで捕まえてくるので、そのまま

棒を持ち上げてやると、一丁上がりなのであるが、大きなモノは

警戒心が強く、念の為に虫網を、おしりの方に用意しておくと

吊り上げて、ハサミを放した瞬間に、虫網に入るという訳で

そんなこんなで、5、6匹のザリガニを捕まえて終了なのである。

さて、午後は昼寝が終わったら、夕食の買い物に出掛けて終了の

予定なのである。

そういえば、SG全日本選手権は?・・・・魚谷選手が三号艇で

どの方が来ても、おかしくない状況だと思うので

オッズ的には非常にばらけた感じになってしまっているのである。

1-3からの流しかなぁ。。と思うのであるが、それよりも

三連覇の願いを込めて?3-1の方がオッズが良かったりするので

遊んでしまおうか?とも、思っているのである。(笑)

theme : 男の子育児
genre : 育児

塩原温泉

オーストラリアンシェパード
 朝起きてみれば、温泉に来ていた事を思い出して

それでも悪童達は電王を見る事だけは忘れない様で

その電王を見て、日曜日だった事を思い出した今朝なのである。

次男坊はどうぶつ王国で、人なつっこく寄ってきた

オーストリアンシェパードがお気に入りで、「欲しい」と

相変わらず大騒ぎなのである。

宿泊した宿は、非常に景観の良い温泉であっただけに、

もう少し・・・という場面が結構有ったのが残念なのであるが、

それだけ温泉街が疲弊しているという裏返しなのかもしれないな、と

少し複雑な気持ちになるのである。

八峰苑

朝食を済ませて、帰り道に車を走らせて、途中のもみじ谷大橋へ

寄り込むのである。
もみじ谷大橋3

このもみじ谷大橋は箒川の上流のダムに架かっている橋で

全長が320m程有り、無補剛桁の歩道橋としては日本一の長さを

持っている橋なのである。

補強の桁の替わりにワイヤーで緊張してあって、歩くと左右に

グラグラと結構揺れるのである。(笑)
もみじ谷大橋1

補強用のワイヤーをコンクリートの構造物で支えていて

面白い仕事だったろうな・・・と思うのである。
もみじ谷大橋2

ひとまず遊歩道を一周してから、帰り間際に隣接している売店で

生蕎麦と焼き栗を買い込んで、頬張りながら帰るのである。

焼き栗で腹一杯になった悪童達は、後部座席で爆睡モードに

突入したようで、1人静かに運転しながら帰って来たのである。

夜は買い込んだ生蕎麦を茹でて、野菜の天ぷらを作っておいて

ビールをお供に夕食を済ませて、終了なのである。

さて、風林火山を悪童達と一緒に見てから、早めに寝ようと

考えている連休二日目の夜なのである。

theme : 温泉旅行
genre : 旅行

という事で

まさたろう@塩原温泉郷なのである。

昨晩、遅くに未練がましくサイトを見ていると

何故か一件だけ空いている旅館を見つけたのである。

しかも、料金も休日前にしては安いのである。

という事で、速攻で予約して来ているという訳である。

旅館について、安い訳も納得なのであるが(笑)、まぁ

そんな事はどうでも良いのである。

朝から出掛けて、那須どうぶつ王国に行ってから、旅館に

入った訳であるが、今夜はゆっくりして、明日はブラブラと

寄り道をしながら、帰るつもりなのである。

theme : ちょっとおでかけ
genre : 育児

三連休だってさ・・

 世間様と同じように三連休だと知ったのが、昨晩の事なのである。

というか、知らなかったのは社内で私1人だけだったようなのである。(笑)

予定がずっこけたなぁ・・と思ったのも確かなのであるが、それよりも

「三連休、何も予定してないよ。悪童達をどうしよう?」なのである。

慌てて、色々と検索してみるモノの、温泉宿なんかは既に予約が一杯で

我が家の場合、温泉に行くと、私が悪童三人組を引き連れて温泉に

入らなくてはいけない為に、楽しむどころか、のぼせないように

しなくてはいけないので、それどころでは無くなってしまうのである。

そういえば、貸し切り温泉を利用出来れば!と思ったものの、既に

通常の温泉宿が予約出来ない状況なのに、そんな好条件の宿が

空いているはずがない!と、気がつくのには、そう時間が掛からない訳で

結局、何処にも行かない三連休になりそうなのである。

少なくとも2、3日前に判っていれば、何とかなったような気も

しなくもないが、それはそれで仕方ないのである。

夏に地震の影響で海水浴に行かなかった分だけ、予算は取ってあるのだが

その位の予算では、太刀打ち出来ない金額の場所なら、どこでも

空いているのである。(笑)

しゃあないな、近場に遊びに行って外食でごまかそうかな?と

考えている連休前の夜なのである。(爆)

theme : 子育て・育児
genre : ライフ

今日はこのまま

打ち合わせやら、会議やらに出席しなくてはいけないので、このまま

直帰になってしまう感じなのである。

午前中に事務処理を済ませて、段取りして、これから遅めのランチを

取って出かけるのである。

そういえば・・お国の発注者の方達と、

「現場で起こっている諸問題について」という議題で意見交換をするという

話なので、「こんな事を言って欲しい」という事が有ったら

私宛にメールを頂けると、重複していないモノであれば、意見交換の席で

お話ししてこようと思っているのである。

こんな事を書いている事自体が、いいのか?と思ったりもするのであるが

実際に現場で起きている事は、起きているで、事実を伝える事が一番の

意見交換だと思うのである。

さて、出かけます、なのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

自分のモノでは無くても

 色々と購入の検討するのは楽しいモノなのである。

普通、私の所の会社では、入社して一年もすると、会社で買い与えて

しまうのであるが、今回はフトコロ事情もあって、監督さんには

我慢をして貰っていたのである。

どうせなら4台買ってしまおうかと考えたのであるが、それは余りにも

だろうと云う事になり、とりあえず2台注文するのである。

昔は横浜にある、某通販メーカーのモノを頼んでいたのであるが、

修理の不便さや、カスタマーサービスの不満も有って、前回からは

こちらのモノを頼んでいるのである。

少し前までは、監督さん=持ち歩くという事で、ノートパソコン全盛の

時代が有ったのであるが、最近ではノートは個人で持っている方が

多くなった事もあって、今回からはデスクトップのみを支給する事と

なったのである。

支給すると云うと、「景気が良いですね」と言われそうなのであるが

そのパソコンを買うお金は、監督さん達が「現場で稼いでくる」訳で

その分、監督さん達パソコン代を稼ぎ出さないといけないのであるから

大変なのである。

それでも、簡素化と言いながら年々増え続ける書類の種類や多さには

閉口してしまうモノがあるのであるが、検査などの時も書類重視の

検査官が増えて来ているので、対応しなければいけない事も事実なのである。

写真帳を作って印刷したり、図面を出力したりと、昔の書類作成と違い

高い処理能力が求められる様になってきているのに、低スペックのモノを

使っていれば、作業ロスも大きいので、出来るだけ負担は軽減させて

現場重視のやり方は変えたくないのである。

簡単なモノは現場事務所で、本格的に作る場合は事務所に戻ってといった

形で上手に時間を使って欲しいと思うのである。

theme : パソコン購入
genre : コンピュータ

暦も替わって

 昨日から10月になったというのに、元請けとしての受注が、災害の

小工事を入れても3本と、寂しい限りなのである。

まぁ、くじけていても始まらないので、やるだけやるしか方法が無いと

開き直るしか無いようなのである。

下請負の工事を頂いたりしながら、食いつないでいるのであるが

それも何時まで有るのか、心配は尽きないのである。

さて、今日はこれから工程会議をやって、夜は長男とプールでデートに

行けば終了の予定なのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク