「鉄の骨」最終回

ということで、見てみました。

著者の井戸川潤さんのHPを検索すると

原作と結構違うらしいので

読んで見たいと思います。

感想はそれから、という事にしたいと

思います、なのである。
スポンサーサイト

指名って悪いのか

私たちが入札をする上で、悪の元凶的に

言われてしまう入札制度に指名という

方法が有るのである。

地域性や技術、経営に優れた業者を

一定の数だけ選考して、競争させるという

仕組みなのである。

利点から云えば、「ちゃんとやらないと

次から指名しないよ!」という睨みが効くであり

真面目にやっている業者を選べるという

点が有るのである。

悪い点といえば、恣意性が入るので、癒着の

温床になりやすく、実質的に契約上対等で

無くなってしまう事なのである。

その対極に有るのが、現在流行りの公募型

というもので、ある一定の条件をクリアすれば

誰でも入札に参加できるというモノなのである。

つまり、競争原理を最大に活用しようとする

制度なのであるが、一定の条件を満たせば

誰でも良いのであるから、施工精度が

低くても最低合格条件を満たせば良い訳で

高品質とか、その工事で計上した利益から

生まれる法人税が、何処に戻ろうが

縛りは無いのである。

どちらとも一長一短なのであるが、指名となると

マイナス面だけがクローズアップされて

プラス面は言われないのは、どうかと

思うのである。

疲れてるので、また次回なのである。

だからといって

 さて、どうすれば良いのか?と聞かれて

答えられる様であれば、哲学者や政治家にでも

立候補しているのである(笑)

村上泰亮さんでさえ「有能なエリート官僚」という

形になっていたかと思うのである。

時代と共に変容するというのであれば、私達の

「在り方」って、どうあるべきなんだろう?と

考えてみると、良いのかもしれないのである。

「開発主義」という施策のお陰でとりあえず

日本国民は「一億総中流」と言われるまで

有る程度まんべんなく、豊かな暮らしを手にいれ

都市部も地方でも、それなりの生活が出来るまでに

なった訳である。

冬場の現金収入の先としての地方建設業者が有り

公共事業が有って、兼業農家の生活が成り立ち

地方の道路や河川の整備が出来た訳で、収入格差も

幾らか埋める事に成功した訳である。

しかし、今では地方部の離農が進み、機械化も

それに拍車を掛けて、週末農業が可能になってきて

それであれば、週休二日制の会社のサラリーマンでも

十分に間に合う様になったとすれば、農繁期に

簡単に休みを取りやすい、「日雇い」でなくても

良い訳である。

しかし、日本の食糧自給率は非常に低い水準であって

輸入に依存しているのも事実なのである。

整備だって、地方部では十分とは言えないという

状況だって有るのである。

「失業者の一時的雇用先」という視点から見れば

どうなのだろうか?なのである。

ちょっと前は、かなりの方が

「次の働き先が見つかるまで」的な形でも

簡単に働く事が出来たし、慢性的な人出不足の

業界であるから、簡単に採用も出来たのである。

今では、人手不足よりも仕事不足が深刻で

雇い入れる事が難しい状況というのは

本当の姿かと思うのである。

しかし、ハローワークに行けば、失業者の方が

多く並び、新卒の若者だって内定率が4割だとか

大卒でも3割が決まらないという時代なのである。

失業保険は給付するだけであって、労働力も

生み出さなければ、税収に戻る事に無いのである。

近年、叫ばれている「農業」に異業種進出という

形だってあるし、「林業」だって人出不足なのである。

が、「食えないから廃業している」訳であって

だから、荒廃してきている、なのである。

そして少子高齢化なのである。

たぶん、これらを同じ土俵で話をする事が

無理だと思うのであるが、相関性は頭に入れておかないと

いびつになってしまうかと思うのである。

かといって、今、地方で活動している業者さんが

全ていなくなってしまえば、災害復旧や除雪と云った

業務は誰もやらなくなってしまうのである。

先日、土石流のニュースを見た時にもアナウンサーが

「消防隊がバックホウで崩れた土砂の撤去作業を・・・」

と、云っていたのであるが、それでは「消防士さんが

バックホウを運転して」と、なってしまうのである。

正確に言えば

「消防隊の指揮で、地元の建設業者さんがバックホウにて

土砂の撤去作業を行っています」が、正しいと思うのである。

しかし、マスコミは「建設業=悪者」にしたいのであるから

そういった報道になるかと思ったりするのである。

激甚災害の様な大規模なモノなら自衛隊だって直ぐに

出動もしてくれるかもしれないが、これだけの

異常気象に対応するだけの人員はいないと思うのである。

日本のどこに云っても当たり前の様に舗装がされていて

標識が有って、快適に走れる国は日本くらいかと

思うのである。

しかし、その反面、税金で賄われていて、出来ているモノを

維持しようとすれば、お金も掛かるのである。

何でも無料だから良い、ではなくて、恩恵を受ける人が

お金を払う、でも良いかと思うのである。

まぁ、ぐだぐだと長文になってしまったのであるが

積算の数字が、余りにもおかしいので、息抜きと

思って、普通以上に愚痴が出たと思って頂ければ

幸いなのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

まぁ、そうなんですけど。

 先日、とある方と話をしていた時である。

まさたろうさん

「今の制度って誰が作ってると思う?」と

聞いてこられたのである。

何の話になるのかと聞いていたのであるが

すると

「20代後半から30代前半の東大卒のキャリアだよ」

と、話し始めたので、ずっと聞いていたのである。

「つまりね、その親って云うのは年収が1500万とか

2000万とか有って、物と金が一般市民以上に有る

生活を当たり前にしていた人たちなんだよね

じゃないと、東大なんか、行けないだろう」

「そういった生活環境で育ってきた人たちに

バイトしながら、学費を稼いでいる人たちだって

夢がもてるような、とか、暑い中で肉体労働して

300万前後の収入の人たちでも安心して生活が

出来るような制度設計を考えて!といったって

想像すら出来ないだろうし、実感もないから

結果として、競争原理だけとか、市場万能主義的な

有る意味で、偏った制度になっちゃうんだよね」

と、ぼやかれていたのである。

結論としては「教育として教えていない」なのであるが

政治家の方達に生活感が無いのと同じなのかと思ったり

するのである。

全てとは云わないにしても、近いモノはあるかと思うのである。

さて、長くなるので、今日はこの辺りで終わりなのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

書いてないと忘れそうですが

書いてないと、何をしたのか判らなくなって

しまいそうなので、時間を見つけて更新なのである。

先週の金曜日は宇都宮で委員会、そして懇親会で

日本酒を飲まされて、少し撃沈して、その後に

少し復活して、三次会?へ合流するのである。

〆にいつものかたやきそばを頂いてホテルで

爆睡して、土曜日は、そのまま勉強会へ向かい

土曜日終了なのである。

日曜日は梅雨明けと云う事で、誘われていた

ツーリング?だったのである。

今年はカミさんの方が週末に出掛けている時が多く

すんなりと、お許しが出て、明け方から集合して

福島を走ってきたのであるが、もう暑くて駄目駄目

なのである(笑)
10071901
ただでさえ、暑いエンジンを真下に抱えて

走っているのであるから、汗だくなのである。

夕方、早い時間にバテバテで自宅に戻り

夕食を頂いていると、

「何処にも連れて行かないの?」と

カミさんから云われてしまうのである。

しかも、次男坊は月曜日の練習が無いと云う事で

急遽、海まで行く事になり、運転手なのである。

北関東自動車道が出来て、茨城まで本当に

近くなって、便利になったなぁ。。なのである。
10071902
そんな事で、がっちりと日焼けしてしまい

シミが残るのを心配する年齢なのであるが

明けて、火曜日は小山で打合せを済ませてから

健康診断を受けて終了となり

水曜日は知事表彰の授賞式と挨拶回りで

一日が過ぎてしまうのである。

そして今日は、間近に迫った案件の積算や

別件の閲覧をしていると、あっという間に

日が暮れるのである。

駄目だな、そろそろ分業しないと(;^_^A アセアセ…

なのである(笑)

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

いよいよ梅雨明けですかね

 政治やら何やらと騒いでますが

私的には、各地で起こっている土砂崩れや

ゲリラ豪雨の方が気になっていたりするのである。

口蹄疫で大変であろう、宮崎にしても、この

ゲリラ豪雨でパトロールや対応、復旧作業に

当たっているであろう方達は、間違いなく地元の

建設業者さんたちなのである。

しかし、そんな事はニュースで報道されるはずもなく

切ないなぁ。。。なのである。

先日、県の整備部トップの方と、お話をする

機会があって、短い時間ながらも色々な話を

する事が出来たのであるが、そういった活動を

行っていても、中々、報道されませんね、という

話題に触れて、色々と良い知恵を出し合って

考えていきたいと申し出たのである。

総合学習支援活動などで小学校への出前講座を

行っているのであるが、その小学校でトップたる

校長や、教頭先生の殆どが、災害復旧や除雪といった

パトロールを始めとする活動を知らないのが

実情なのである。

教える側が知らなければ、教えられる側は、絶対に

知り得る事がないのである。

昔的な業界の「黙って云われた事をやれ」という事を

やってきたツケなのであるが(全部が悪いとは云わない)

今という時代に合わせていかないと、あっという間に

取り残されてしまうと思うのである。

地元新聞社の方ともお話をさせて頂いた時も同様で

ゼネコンも私達の地方の中小建設業も同じ建設業という

くくりの中に入っている様な認識だったので

「全国紙と地元紙が違う様に私達も大手さんとは

ピリッとひと味違うと思いますよ」と、意見を

述べさせて頂いたのであるが、それがどこまで

感じて頂けたかは、疑問が残るのである。

選挙戦直前に始まった、某国営放送の土曜ドラマや

あれほど、騒いでいた普天間の話も報道されず

何だか、嫌らしいなぁと思ったりするのであるが

やはり、しっかりとやる事をやって、云うべき事も

云っていく必要が有るのではないかと思うのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

こんな時間ですが

 久々に早寝していたのですが、何なら物音に

気がついて、起きて見れば長男坊がしっかりと

起きておりました(笑)

カミさんと下の二人は、爆睡中でございます。

下の二人の場合は、全く気が付かないのですが

何故か長男坊の時だけは、私が気がつくんですよねぇ。

カミさんは逆だと言いますけどねぇ。

本当であれば寝せないといけないのですが

少し遊ばせておかないと、たぶん寝ないでしょうから

少し放置してから布団に入りますかね。

ちなみに昨晩も、書斎で寝ている所までやってきて

何故か一緒に寝ていたのですが。。。。

そんな事だから、夜まで起きていられずに

夕方寝てしまうので、夜が遅くなるという

パターンになってしまうのですが、体力が無いので

夜にしっかり寝せても、少しは寝てしまうんですね。

少しだけで、起こせば良いのですが、夕方は

全員が忙しい時間なので、ついつい余計に

寝ちゃうんだと思いますので、結果的に寝るのが

遅くなるか、短い時間寝たら、その後は夜中に

起きていたりします(;>_<;)ビェェン

本人の眠気が来るまでは、寝せようとしても

それは無理な話なので、多少付き合ってから

寝せた方が、結果的に早く寝たりします。

うーん。。。。何時に寝るんだろう(爆)

theme : 男の子育児
genre : 育児

おサボり気味ですね

 選挙戦も終わって、ようやく一段落の

月曜日なのである。

気がつけば、ブログも更新が滞っている訳で

忙しいというか、目の前の事を終わらせるのに

手間食っているというのが、現状かと思うのである。

今週は積算やら事務処理やら挨拶回りやらと

やる事も多いのであるが、少しは事務所のいすも

暖まる時間があるかと思っているのである。

今月中には、仕事のタイムラインも把握して

自分の仕事が出来るようにしたいと思うのである。

今週が終われば、梅雨明けにもなると思うのである。

あつーい、夏になると良いと思うのである。

theme : 建設業
genre : ビジネス

新しい一週間

 空いているなぁ・・と、思えばいきなり

用件が入ったり、会議だったりと、なんだか

慌ただしいのである。

役職上、更には時期的に色々と借り出されるのは

仕方ないのであるが、愚痴っていても何も始まらないので

淡々とこなすしかないかと思うのである。

昨日は、カミさんが試合という事で、留守番で過ごし

夕方は、頂き物の生蕎麦があったので、初めて

自分で天ぷらを揚げてみたのである。

もちろん、「コツ」的なモノはネットから拾って

作ってみたのであるが、次男坊が

「パリパリで美味しいじゃん」といってくれたのが

唯一の救いになったのである(笑)

某社長様、お蕎麦、両方とも大変に

美味しゅうございました。

悪童達が、完食いたしました(爆)

theme : 建設業
genre : ビジネス

鉄の骨

 NHKで放送された「鉄の骨」見てしまいました。

「・・・・・・・・どんだけだよぉ」(謎)

原作者って・・・・・・・・・・

目が点ですな(笑)

二日続けて

車に乗っていると、前が見えなくなる様な

夕立なのである。

現場によっては、水没していて中止だったりと

結構、嫌な感じなのである。

九州地方の方達も大変だと思うのであるが

オイラ達も、困った感じになっているのである。


公務員さん達のボーナスが昨日支給されたと

ニュースで聞いたのであるが、五十数万円?

それだけのボーナスが貰える民間企業って

今の時代、どんだけあるだろう?と、ふと

思ってしまったのである。

しかも、終身雇用、退職金付きなのである。

自民党で圧倒的支持を得た首相が、市場原理を

導入して、民間は、今の現状になってのであれば

もう少し、明確に勤務評価なり、説明責任なりを

してくれても良かったりしないか?と

思ったりも、するのであるが、いずれにせよ

「日付は空欄で提出してね」が、まず直らないと

何も変わらないんだろうなぁと、思うのである(笑)

theme : 建設業
genre : ビジネス

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク