打ち合わせ

という事で外出先です。

夜は業界の暴力追放関係の集まりが

有るので、出ずっぱりになりますかね。

空いた時間でメールをチェックしたり

返信したり、作業途中のモノを書き足したり

出来る便利な世の中ですね。

便利といえばCIMだのBIMも随分と出てきて

現場を3Dモデルで描ける様になり、ホントに

便利になりましたね。

GPSやレーザーレベルを用いて、ブルドーザー

作業もベテランが操作しなくても、誰でも仕上げ

作業が出来る様になっていますから、ホントに

技術進歩ってありがたいと思います。

確かに便利になって、簡単いなって熟練のオペさんが

いなくても良い様になるのは、ある意味では

大変助かると思うのですが、反面、それだけに

頼ってしまうと困る場合も多くなるのではと

思ったりします。

災害普及などの一刻を争う様な事態に、現場を精密に

測量してから。。。なんて悠長な事を言っていられる

事態では無い訳で、その辺りはベテランオペレーターの

経験と能力が、モノを言う事になるのですが、そういった

ベテランの育成には時間やお金が掛かります。

逆をいえば、そういった熟練の方が多く会社にいれば

作業効率も良く、早期に作業が出来る訳です。

その辺りの「人材育成や確保」は、私達中小企業に

とって、避けられない事で、かつ非常に重要な課題で

有る訳です。

技術の進歩で便利になる事はありがたいという反面

人材の育成や確保はしっかりと出来る様なバランスの

良い仕組み作りも必要なのかと思います。

新しい技術は評価するけど、既存の人の技術は評価を

しないというのでは、人材育成が疎かになってしまうかも

しれません。

現場作業での危険性を排除したり、過酷な労働環境の

軽減を図るといった技術進歩は大歓迎ですが、通常の

作業では、あくまで人が主役で選択肢として新しい

技術を取り入れて行く事が出来るというのが

私たちの様な地方中小建設業者にとっては、良いのでは

無いかと思ったりします。

批判をしているのでは有りません、自分も恩恵を受けて

いる訳ですしね。

ただ、最近の話題や記事を見ると、「万能」とか

「何でも出来る」的な話には、懐疑的になってしまう

自分がいます。

「作る」と「守る」という二つの仕事を考えると

「作る」については、活用する事に大賛成ですが

「守る」という仕事を考えた時に、技術進歩が

今の人間の能力に追いつくには、もう少し時間と

工夫が必要なのかと思いますし、余りにもそういった

技術万能論が進んでしまうと、周りも同じ様な感覚で

進んでしまって、気が付いたら災害復旧の現場で

即時対応が出来るオペレーターさんが居なかった

なんて事にならない様にしないと思っているだけです。

どっちが良いとか、悪いとかの話では無く、どちらも

私たちにとっては大切なんですという話です。

さて、時間なので、続きは、時間が有れば

またの機会にでも(笑)
スポンサーサイト

tag : CIM BIM 災害復旧 GPS

ちょっとの間は

年始の行事も幾らか落ち着いて

仕事が出来そうな今週です。

昨日は、地区の賀詞交換会

PTAのお役で出席してきました。

風が非常に強く吹いていて、車に

乗っていても横揺れする程でした。

そういえば、一貫校を受験した三男坊

まぁ、結果は想像していましたが

合格にはなりませんでした。

受験の終わった日の夜に「どうした?」と

聞いた時に、「同じ6年生とは思えない」

「いかにも勉強しかやってませんって感じ」

とは聞いていましたが、

「良い経験になったな、3年後にはそういった

やつらと同じ土俵で、またやらなくてはいけない

そういった意味では、相手の実力が判っただけ

経験が出来て、幸せだったな。

後は自分が、その3年後をどう迎えるかは

自分で考えてやりなさい」と、言いました。

カミさんからは「甘いんですよ」と怒られましたが

出来なくっても、そこから何かを得るものがあれば

無駄という事は無いと思います。

一貫校ですから、入ってしまえば6年間は何も

しなくても高校まではスムーズに行くかもしれませんが

その中でも、やる子とやらない子ではレベルと

ラベルくらいに違いが出ると聞いています。

「小さい学校の小さい人数で、仲良くやってきた」

「大きい学校の多い人数を競ってやって来た」

どっちも良い処、悪い処、あるんだと思います。

「井の中の蛙大海を知らず」だったとは言いませんが

その大海を知った訳ですから、これから、その

大海をどうするかを考えれば良いのだと思います。

ただ、同じ学校から受かっている子もいる訳で

自分の実力が、努力が足りなかったね、と認識を

してくれれば、良いのかと思います。

って、偉そうな事を書いておりますが、自分も

全く同じですからねぇ(笑)

鳶は鷹を産めないけれど、鷹の能力を

身につける事が出来るのか、まずは親が

証明しないと駄目なんでしょうね(汗)

人生一生勉強ですね。

さて、今週も頑張りましょう。


もう20年なんですね

阪神淡路大震災から今日で20年

あの日は、業界関係の営業をしていて

ラジオを聞きながら出社して会社で

被災した映像を見ていた記憶があります。

地元建設業者の多くが初動対応をしていた

なんてことも、知りませんでした。

あれから20年、早いモノですが、当事者の方

からすると、未だ忘れられない記憶なんだと

思います。

今では、再開発も終わり、高層ビルや町並みが

出来ていると報道でもやっていましたが

当時、対応していた方は、本当に大変だったかと

思います。

東日本大震災の復興も、早いところ進むと良いと

思うのですけどね。

本当に、日本という国は自然災害という点では

大変、多い国なんだと改めて思わされます。

大きいモノから小さいモノまで、大雨、台風

地震といったものから、雪害まで色々ですね。

この所、地元でも、雨が降り、早朝には道路凍結が

あって、単独事故が結構な件数出ていますが

これも、小さな災害なのかも知れません。

凍結防止の塩カルを散布もしていますが、全ての

場所を予測して、対応することは不可能です。

雪国では、当たり前の対応ですが、注意して

運転することも必要なのかと思います。

遠くないうちに来ると云われている首都圏直下型の

地震だって有るのかもしれませんし、自分たちが

生きている間には無いのかもしれません。

そんな事は、予測なんか出来ないでしょう。

「来るかも知れない」という事で、準備をする。

「凍っているかも知れない」という事で注意して

運転する。

ちょっとした事で、大きく、その先が変わることも

有るのかも知れません。

皆様も、気をつけて週末をお過ごし下さい。

いやはや

2連休でしたが、三男坊は日曜日が

初練習という事でお付き合いに

なったのですが、監督が所用で

お休みという事で、急遽コーチから

「ノック、お願いします」…………

って、オイラ経験者じゃないんですが。

何とかかんとか、2時間弱打ちました。

で、 日曜日は案の定、筋肉痛で

体が自分の体じゃ無いようです。

三男坊も、年末から腫れていた足が

酷くなってしまい、日曜日の練習は

お休みとなってしまいました。

オイラも、お休み出来たのですが体が

思う様にならないついでに、ゆっくり

体を休める事にして、WOWOWon demandで

見ちゃいました、マトリックスシリーズの3部作

思わず、ゆっくりできたので、大丈夫かと

んでっ!火曜日の今日も………………

やっぱり、体が動きません(笑)

やっぱり、普段から運動しないとダメですねぇ。

厄年過ぎると、ホントに体が急激に変わりますね。

そろそろ、認めた方が良いかもしれません。

そんなに若く無いんだって(^◇^;)

年明け早々

というか、昨年から、こんな状況が

多くなってきております。
15010701.jpg
日中が、お役柄、色々な事に時間を

取られちゃうので、結局は夜に

会社でやるのか、自宅に持ち帰るか

という選択に迫られてしまいます。

それでも、ちょっと遅れ気味ですかねぇ。

申し訳ありません、なのですが。

さて、珈琲でも入れて、気分転換して

やっちゃいますかねぇ。

明けましておめでとうございます。

といっても、明日からは通常営業ですが(笑)

お掃除だの、家や家具の修理だのに追われて

慌ただしく終わった昨年でしたかねぇ。

お正月中は、現場をパトロールしながら

午後は、呑んだくれになっていました。

次男、三男共に今年は受験なのですが

まぁ、バタバタと色々有ること(笑)

そっちの対応にワタワタして終わってしまった

というのが、お正月休みだったように思います。

昨年は、業界のお役を仰せつかって、そちらの

対応に追われて、会社の仕事が出来なかった様に

思いますが、今年は入念に予定を組んで、しっかり

会社の業務もやっていきたいと思います。

「全員月給・完全週休二日制」そして任意退職金の

積立をするのが、今年の課題となります。

日給月給が当たり前の業界で、そんな事が出来るのか

判りませんが、やってみなくては結果も出ませんから

良く話をしながら、やってみようと思います。

人件費の上昇で、工事原価も相当な数字で%が上がると

思います。

それに加えて、社会保険料の負担増もあります。

昔から言っている「オヤジが暑い中、寒い中、危険を

伴う現場で汗を流していているのだから、家族くらい

オヤジ一本の給料で喰えないのは、おかしい」を

実践してみたいと思います。

「昔の様に田んぼの中に道を作っていく」といった

効率の良い仕事が有る訳では有りません。

どちらかといえば、効率の悪い現場の方が多いかと

思いますが、それは現場をやる手が、色々と考えて

答えを出すべきだと思います。

あれこれと、机上で物事を推し量っても何も変わる

事は無いと思います。

「現場で稼ぐから建設業であって、その答えは全て

現場に有る」訳ですから、みんなで現場を見れば

自ずと答えが出るのでは無いかと思います。

上手く行かなければ、取り返しがつかない事態に

なるかもしれません。

もしかすると、そんな事の多くは望んでいないのかも

しれません。

でも、「稼ぎたい」と思う人間もいるのが事実です。

やる気があれば、学歴社会の世の中でも、腕一本で家族を

養える可能性が有る会社にしたいと思います。

相当な反発もあるかもしれません。

綺麗事だと言われるかもしれません。

でも、結論はどうであれ

やってみたいと思います。

腹を据えて、今年はチャレンジしたいと思います。

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク