2週続けて

お出かけとなった訳ですが。
27022201.jpg
こんな風景を見ながら、山奥へ上って行きます。

向かったのは、こちらでした。

6年セリーグでお世話になっている監督さん

実は、市の体協のスキー部という事で

トレーニングがてら、行きませんか?という

お誘いを受けていて、子供から「親は同伴で

みんな行くよ」という事でしたので、余り内容を

確認せずに参加した訳ですが。。。

親がいなくても良かった事を知ったのは

お金の払い込みが終わった後でしたから(笑)

先週が16度くらいの熊本で、今週がスキー場

ですから、どんだけ気温差があるんだよっ!

って、体が付いて行きません(爆)

子供達はスキー学校に入っちゃいましたから

親は放置プレイで良かったので、それならと

外の親の方と、午前中、数本滑りました。

昔取った何とかで、滑ることには滑れますが

まぁ、筋力の落ちていること(汗)

スキー教室が終了するまで3、4本ほど滑って

終了っ!!
22022702.jpg
汗かきました!って、事で水分補給です。

って、これ以上はまずいので、これだけでしたが(笑)

戻って来た三男坊と昼食を済ませてから

午後の部です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お前、初心者だっけ?何回か連れてきたよね?」

確か幼稚園の年長の時に、ストック無しで

直滑降専門だったはずですが・・・・

「その、へっぴり腰のボーゲンはなんなんだっ!」

という事で、素人アドバイスしながら、何本か

滑っていると、一緒に行っていた友達も混じって

初級→中級と繰り返し、最後は中級→上級という

コースを滑りましたが。。。ご老体は太ももがプルプル(笑)

リフトに乗っていると足が攣りそう(爆)

最後は足が回りません、筋肉痛必須かも知れないと

集合時間のちょっと前に終了!

子供達は、時間の関係で3本まで!と言い残して

着替えを済ませて終了となりました。

戻って来た三男坊も「もう一回、スキーに来たい」

と云ってました。更に

「中2になるとスキー合宿があるんだよっ」と言うので

「それまでに、あのへっぴり腰ボーゲンを卒業して

おかないと、女の子にもてません」と言ってみました。

「行きたい、行きたい」と、騒いでいたのは次男坊

受験真っ只中だと思っていた訳ですから

当然だったんですが、先日、終わっちゃいましたので

まぁお祝いに、春休みにでも、二人を連れて行きますかねぇ。
スポンサーサイト

theme : 最近の出来事。。
genre : ライフ

tag : スキー

黒川温泉

先日、業界の関係で黒川温泉

お邪魔してきたので、その時の

話を書いておこうと思うのである。

最初は単なる人気の温泉地だと

思っていたのである。

前日に別府温泉に泊まり、翌日に

この黒川温泉に移動してきたのである。

湯巡りが有名との事で、貰った訳である。

歩いて回れる距離に旅館全24件が加盟し

1,300円の入湯手形を買って、好きな温泉に

3回まで自由に入れる仕組みになっているのである。
27021805.jpg
黒川温泉のHPからの転載で申し訳ないのであるが

この様な木の温泉手形に、シールが3枚付いた

形で手形を渡してくれるのである。

回れる温泉は露天、室内両方共で、一緒に貰う

パンフレットには、旅館名と、お風呂の写真が

貼ってあって、どんなお風呂なのか、事前に

確認が出来て、かつ携帯電話のQR CODEで

営業時間や、現在の清掃時間などの様子が

確認出来るという、ネットを利用した利便性も備えて

いるという有様なのである。

旅館の浴衣に着替えて、貸してくれる雪駄を履いて

好きな温泉に移動するのである。
27021802.jpg
目的の旅館に着くと、手形を見せてステッカーを

一枚剥がして貰いながら、そのお店オリジナルの

スタンプを押して貰うという仕組みなのである。
26021803.jpg
(上の旅館、雰囲気が「千と千尋の神隠し」に出てくる

旅館の様ですねぇ)

車では入れない場所も多く、歩いて散策しながら

途中には食べ物や、お土産を楽しめるような

感じなのである。

自分は2軒ほど、湯巡りをして帰ったのである。

宴席も終わって、宿泊している場所の温泉に

入ろうとすると、とある事に気がついたのである。

それは「宿泊専用のお湯」と「湯巡り専用のお湯」が

存在しているのである。

他の旅館が、どうであるのかは確認しなかったけれど

恐らく、同じような感じなのである。

「なるほど」なのである。

潰れそうだった黒川温泉、露天風呂を3年掛けて作り

「温泉は自然のモノ、だから風呂も自然に」という

考えから、それを近隣の旅館が真似をして

リピーターが増え、更に温泉手形という仕組みで

宿泊しないお客さんからも、湯巡りという仕組みで

幾ばくかのお金を落として貰う仕組みであって

かつ、宿泊しないと利用出来ない温泉があるという

何とも、お客さんの満足度や優越感を満たす

仕組みがしっかりと出来ているのである。
27021804.jpg
自然の環境を活かしつつ、利用して、かつ

全体が潤う仕組みがしっかりと出来ているのである。
27021801.jpg
旅館の食事を取り忘れたので、他の食事で

申し訳ないのであるが、料理はもちろん、地元の

馬刺し、辛子レンコン、だご汁等の料理なのである。

師匠の言葉を借りれば、「パトリ」なのであり

「非日常」そして「共同体」なのである。

お互いが依ってたつ旅館同士なのである。

他の温泉地から、この仕組みと環境を視察に

来る温泉関係者が多いという事も頷けるのである。

今の言葉で言えば、Win-Winの関係がしっかりと

構築されていて、かつ、他者(他の温泉宿)との

「差異」を出すことで差別化を図り、宿泊専用の

「お湯」を提供する事で、集客をはかる訳である。

うーん。。。この仕組み、大変勉強になったのである。

黒川温泉の歴史を調べてみると、紆余曲折は在りながらも

今の姿になっていった訳で、その努力は大変な

ものがあったのかと思うのである。

また、訪れてみたい場所になったと思うのである。

tag : 黒川温泉 温泉手形 湯巡り パトリ 共同体 win-win

行ってみました

先日FBの方で知ったお店ですが

近くという事も有って、いつかは行きたいと

思っていたのですが、現場の帰りに寄ってみました。

麺道 靖」さん。背脂チャッチャ系だそうです。

頼んだのは、しょーゆラーメンとミニチャーシュー
15021301.jpg

15021302.jpg
佐野だと珍しい、こってり系のラーメンです。

両方頼んで、丁度¥1,000円でした。

背脂が入っているラーメンだと、先日店の名前を

変えた「旧 はっちゃき」さんの秘蔵ラーメン

思い浮かびます。

シャキッとしたもやしと、トロッとしたチャーシュー

良く合っていますね。

チャーシューも好みの味です。

美味しいのですが、腹回りの贅肉と相談しながら

行かないと、ますますメタボになりますかね。

味噌やらつけ麺もあるらしいので、ちょっとチェックして

おかないと、某先輩から「新しいお店は?」と

聞かれた時に答えられませんからねぇ(笑)

そういえば、「はっちゃき」さんの新メニュー

「豚骨しょうゆ」も、未だ食べてないですからねぇ。

さて、明日から出張です。九州は遠いなぁ・・・・

tag : 麺道 はっちゃき 背脂 しょうゆ ラーメン チャーシュー

久しぶりに書いていますけど

忙しいっ!って言っていたら、あっという間に

2月に突入しておりました(笑)

お役はお役で、会社の仕事は仕事で、どちらも

疎かには出来ない訳ですが、体は一つしかありません。

そんな中で、土曜日は師匠の新年会という事で

段取り的には、何とかなるかと思っていましたが

やっぱり予定通りには行かないもので、予定外の

見積やら段取りに追われてしまい、時間を大幅に

過ぎてしまったので、半分諦めモードでランチに

向かったのは「あぶりや」さん

元気を付けるかぁ、と注文したのは「ポークソテー」

ニンニク風味では有りません。柑橘系の隠し味の

お気に入りです。
ポークソテー
諦めちゃ、始まらないじゃん、とスタミナの

ついたところで、一気に出来る所までやって

急いで車に乗り、道の駅で買い物を済ませて、1本遅い

急行に乗って浅草に向かいました。

道路拡張工事のために、狭くなってしまったお店で

いやぁ、久しぶりにお顔を拝見する方もいらしていて

楽しい時間でありました。

お酒が入るのであれば、もっと濃密な時間なのですが

日曜日が雨であり、もしかすると雪になるかもという

ことと、6年生リーグの練習もあり、また次男坊の

塾のお迎えも有りましたから、お話だけで帰って来ました。

今朝は、ゆっくりのスタートで6年生リーグの練習に

付き合いました。

お昼までという事もあって、サーキットと筋トレで

終わりなのだと思っていましたが、オヤジーズも

混ざっての紅白戦となり、子供達のリクエストで

マウンドへ(笑)経験者じゃないんだけどねぇ。

と思いながら、途中1回だけ代わってもらいながら

5回2失点で済みましたが、太ももがピクピクして

明日は筋肉痛確定でしょうかねぇ((^◇^;)

さて、明日からの日常に備えて、準備しておいて

週明けからも頑張りましょう。

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク