FC2ブログ

総会、総会、総会

って、感じになって来ましたかね。

当然、懇親会付きって事になります(笑)

で、先週は水防訓練が隣の足利で行われ

ちょこっと、見学に行って来ました。

出先の所長さんは、皆さんおられましたね。

水防といえば、大雨や、台風などの対応時に

木流しをやっているのは、見てますが

他の様々な初めてみましたので、大変

勉強になりました。

が、自分たちだと、大型土のうやら

大型重機での対応になっちゃいますから

水防団の皆さんの初期対応の次の

作業になるのかもしれませんね。

いずれにせよ、そろそろ梅雨時期に

なりますし、その後は台風も来ますが

今年は災害の少ない年になると

良いですね。
IMG_4376.jpg
今週は大将さんのワンタン麺でした。

大変美味しゅうございました。

さて、今週は総会と懇談会が有って

その前の打ち合わせもありますから

段取り良く、こなして行きましょう。

今週も頑張りましょう。
スポンサーサイト

ICT施工で法面整形を行う場合

まぁ、メーカーさんの謳い文句は

丁張りが要りません!」なのである。

近年、様々な形で技術進歩が進み

私達の業界も随分とITを使った恩恵を

受けているのであるが、メーカーさんの

現場の見方と、自分たちが現場を仕上げる

やり方が同じとは限らないのである。
ICT01.jpg
例えば河川内の土砂を整形するような

仕事をするとして、河川断面を考えると

上の写真の様な2つのパターンに

なってくると思うのである。

Aパターンは、まるっきり「切土

Bパターンは、「盛土切土」なのである。

メーカーさんの言われる

丁張りは要りません」が現場で

そのまま使えるのはAパターンのみで

Bパターンは工夫が必要になるのである。

Aパターンの様に全てが切土なら

法肩も法尻も機械で位置が分かるので

切った土砂を他に搬出すれば、事は

済んでしまうのであるが、切り盛りが

出てくると大変なのである。

Bパターンの様な場合、人間が機械で

腹付け盛土を行うのであるが

この場合、目安となる丁張りが無いと

どれだけ腹付け盛土が出来ているのか

判断することが出来ないのである。

盛土しただけではNGなので、当然

締固めをするにしても、ブルやローラー

バックホウ等で締め固めてからの

法切りになるのである。

勿論ICT建機で、法肩と法尻を確認して

盛切りをする事も可能なのであるが

手間暇を考えたら、簡易でもガイドとなる

計画の丁張りを出してしまった方が

仕事は何倍も早く済んでしまうのである。
ICT02.jpg
つまり、上のBパターンの様に腹付け

盛土の法肩と法尻は、目安となる丁張り

掛けて盛土したほうが圧倒的に

時間が少ないのである。

土砂を動かす仕事では、最低限の

移動量で土砂配分を考えることが

基本なのである。

レーザーなり、ドローンなりで初期の

測量をした段階で、土砂の配分計画は

分かるのであるから、その土砂移動を

速やかに行えるように、目安となる

丁張りは、必須だと思うのである。

法面を切ることが出来る」のと

法面を綺麗に仕上げられる」は

似て異なる話なのである。

当然、現場は予算の範囲内で

収めなくてはならないのであるから

どこかを省力化する事をしないと

いけないのである。

全てをICTよりも、既存のやり方に

プラスする様な形でICTを加えて行く

やり方が、現時点では良いかと

思うのである。

メーカーさんを否定する訳ではなく

うちらからすれば「原価管理をする面から」

という理由なのである。

土工の場合、現場をやる方から考えれば

キャビンのガラス面に法線のラインと

床掘りのラインが表示されれば、事は

足りてしまうと思うのである。

しかし、それではメーカーさんとして

展開が足りないのかなぁ、と

思ったりもするのである。

今の技術からすれば、ガラス面に

床掘りのラインを映すことも

法線のラインを映すことも可能かと

思ったりするのである。

建築現場の地切りなどは、切土作業に

ICTで全て出来るのである。

しかし、盛土の場合は空中でラインを

結んでいかないといけないので

まるっきり頼ってしまうのは

危険だと思うのである。

ただ、ブルのICTは良いのである。

あれこそ、ベテランオペが要らない

という、話になるかと思うのである。

勿論、整地に限ってなのであるが。

覚書的な事で、書いてみたのである。

たまには現場の話も書かないとね(笑)

tag : ICT 法面 切土 盛土 丁張り 腹付け

いやはや、長い休みでした

って、ホントに長かった。

というか、長すぎな感じでした。

とはいえ、連休初日からカミさんの

リクエストは那珂湊の市場
IMG_4292.jpg
早朝から行きましたが、9時前という

時間に市場に着いたけれど、回転寿司は

既に長い行列が出来ておりました。

本マグロだの、アサリだの、岩牡蠣を

買い込んで、とっとと市場を出発

歴史資料館を見学して、海岸を散策後

笠間稲荷様をお参りして来ましたが

外人さんのツアーばっかりでしたね。

昼食は蕎麦を頂いたのですが、蕎麦は

当の不良様のお蕎麦を頂いて贅沢して

おりますから、観光地の製麺蕎麦だと

美味しいとは感じませんかね。
IMG_4294.jpg
そういえば、平成最後の仕事も

令和最初の仕事も末っ子の散歩(笑)
IMG_4325.jpg
換毛期もようやく終わりに近づいて

ホッとしておりますが(汗)
IMG_4332.jpg
まぁ、車で出かける準備をしていると

直ぐに気がついて吠えまくりです。

リードを繋ぐと真っ先に車に飛び乗って

待っている始末ですから。
IMG_4297.jpg
翌日は群馬県の芝さくら公園で散歩
IMG_4320.jpg
ちょうど、満開時期になった事もあって

多くの人出でしたけど、キレイでしたね。

三日目は、頂いてた東武の商品券が

かなーり、貯まっていたので、買い物を!

と、宇都宮東武デパートに行ったんですが

庶民生活レベルだと、欲しいものが

無いんですよねぇ(笑)

三男坊が「ボディバックが欲しい」と

行っていたので、有ったら買おう!と

行ったんですが、有ったけど年齢的に

渋すぎなものばかりでした。

カミさんに、服でも買ったら?といえば

「Gパンで十分だしねぇ」

カミさんが、自分に「スーツでも買ったら?」

と言われましたが、「春に買ったからいらない」

身の回りのものは、ちょっとした物で

充分間に合ってしまっているので

ブランド物には興味がありませんし(汗)

結局、一時間足らず見学しただけで

せっかく来たんだからと、足を伸ばして

西川田で塩ラーメンを頂いて来ました。
IMG_4327.jpg
バックならアメ横か?と、翌日は

3日間は施設がやっていた事もあり

長男坊を送ってから、電車で一路アメ横へ

まぁ、令和初日でしたからゲロ混み!!

目的のバックは安く買えたので、まずは

良かったのですが、電車も混んでいたので

直ぐに浅草へ移動して、電車の待ち時間を

利用して、散策!と思ったのですが

仲見世通りなんかは、人混みで歩けません。

とっとと、地元に帰って来て長男坊を

施設に迎えに行ってから買い物を済ませ

帰りました。

で2日

前橋のデパートでも商品券が使える!

という事で、前橋に出掛けてお買い物

なんですが、こちらもハイソな方たちが

お買い物をするので、東武と状況は変わらず

でしたが、自分が持っているバックの

一回り小さいものが売っていたので

5ヶ月遅れの誕生日プレゼント、と

買って頂きました。

そして、何故かワゴンで売っていた

圧力鍋を買って、帰って来ました(笑)

流石に、ずっと出掛けていると疲れる

訳でして、施設もお休みになった金曜日

長男坊と末っ子を連れて、つつじヶ丘公園へ

ツツジがキレイに咲いておりました。

連日テレビでやっていたのは市貝町の

芝さくら公園

じゃ、行ってみる?と相も変わらず

一番上と一番下を連れて行ってみました。
IMG_4348.jpg
少し緑が目立ち初めてましたけど

そこそこ綺麗でしたね。

そのまま、茂木の道の駅まで足を伸ばし

頂いてきました、ゆず塩ラーメン
IMG_4352.jpg
美味しかったですよ。

「今年はバイク乗らないの?」

カミさんが不思議がってますが

椎間板ヘルニアが完治せず、未だ

負荷を掛けると辛くなってしまうので

どうしようか、迷ってましたが

ソロで行ってみて、駄目ならそこから

帰ってくれば良いか?と向かったのは

茨城県の広域農道3本で友部から北茨城へ

気持ちよく農道を走って行ったんですが

ギャップを通過する時に、まともに背骨に

響いてしまって、しかめっ面です。
IMG_4362.jpg
ギャップの少ない、道じゃないと

今シーズンは無理かもしれませんね。

って、とっとと腹筋背筋を鍛えれば

済む話なのかもしれませんが(汗)

そして、最終日

何事もなく終わるのかと思ったんですが

洗濯機の排水からの水漏れ

結局その対応をして、ようやく終了でした。

って、今年はお盆も長いんですよねぇ。

ちょっと長すぎの休みでは無いんかい?

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク