安ければ良いのでしょうけど

 先日、見積をさせて頂いた民間の分譲地造成工事の案件で、結構な

勝負の金額だったにもかかわらず、あえなく敗退してしまったのである。

積算単価+重機回送費という金額で約1,500万円という金額だったのである。

結果を聞けば、300万円もの差があったという事で、その時は素直に

「その金額では出来ないと思うのだけれど、出来るというのであるから自分なりに

努力が足りないのかもしれないなぁ」と反省していたのである。

たまたま近くを通った時に現場予定地を見てみれば、大型ダンプが数台入っていて

現場が始まっていたので、少し見ていて驚いてしまったのである。

元々が畑の場所を宅地にして売りに出すという事で、現況の畑の土は

「持ち出し禁止」という見積条件がついていたのである。

ところが見ていると畑の良質土を大型ダンプが運び出した後に、何やら残土を

別のダンプが入れているのである。

「畑の土は売り飛ばして儲けておいて、更に残土処理で金を貰っているのね」と

状況から判断が出来たので、「それなら、あの金額でも十二分に間に合うなぁ」と

思ったり、頭に来たりなのである。

何も知らない購入者は、まさか表土の下に残土が埋まっているなんて知らないで

買わされるわけであるから、本当に可哀想だと思うのである。

売り出しの謳い文句が「自家農園の出来る庭」というフレーズだと云うのであるから

事が公になったら、信用も失ってしまうのになぁ。。。儲かれば何でも有りなのか?と

改めて思ってしまうのである。

現場に入っている重機の社名を確認してみれば、民間を主として工事をやっている

業者のようで、隣市にも関わらず、聞いたことのない業者名なのである。

「貴方たちに技術者としての誇りは無いんですか?」と、思ったりもしたのであるが

「無いから平気で出来る」のだと考え直したのである。

いづれにせよ、誰かが、そのツケを払うことになると思うのである。
スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

comment

Secret

付けは結局受益者負担になりますなあ。

>かずぼう様

残念ながら、そういう事になってしまいますね。
ウチなんかじゃ、そんな事は怖くて出来ません。

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク