ひな祭りとはいえ

 「って言っても、当家に女性はカミさんしか

おりませんが、何か?( - ""-)ジッ」(笑)

さて、一段落したのもつかの間、維持工事の

書類やら検査書類やらで、相変わらずデスクで

もがく日々が続くのである。

まぁそれは恒例の事なので、どうでも良い訳で

午後からは業界の若手さんが集まって、色々と

意見交換の準備をしなくてはいけないのである。

それを今度は、全体の場に出さないといけないので

書類づくしですなぁ、なのである。

にしても、私の住む栃木県は、何でも上から数えて

七番目くらいの失職率?らしいのである。

日産を始め、CANON、いすゞ、様々な企業とそれを

支える下請けさんを含めると、実態はもっとひどいかと

思うのである。

過去の例からすれば、こんな時の公共事業ということで

言葉は悪いかもしれないのであるが

「どりあえず、土方でもやって食いつなぐかぁ」が

出来たのだと思うのであるが、残念ながら今では

「安ければ良い」とか、「技術力」という言葉が

独り歩きしてしまって、地方の建設屋さんに

人を雇い入れるほどの体力が無いのである。

建設業の場合、雇い入れれば保険関係はほぼ全て

入れないといけないのであるから、余計に

雇い入れる事が難しくなってしまうのである。

こんな時だから、失職したり短期的でも良いから

雇用を生み出す為に、

「必要なモノだけ、確実に実施しながら公共事業を行う」

といった施策が有っても良いのかと思うのである。

勤める事が出来れば、飯が食えるのである。

税金もしっかり納められるのである。

地方での失業者対策としても手法を検討して

底辺の対策としても有効かと思うのであるが、

そんな事をマスコミなどで言ったところで、取り上げる

所もないだろうし、間違って取り上げられても

歪曲されて、パッシングに遭うかのどちらかと思うのである。

食べ物も地産地消であるとするのであれば、多少強引な

言い方かもしれないのであるが

「人や材料だって、地元の人が、地元の会社から調達する」

が、有って良いのでは?と思うのである。

そうすれば、小さい額のお金でも地域を回ることになるかと

思うのである。

その昔、近所のお母さんが会社に訪問されて

「社長、ウチの馬鹿息子、学校辞めちゃったんで

このまま放っておくと、ろくなモンにならないから

社長のところで、仕込んでくれないか?」と

依頼されて、何年間か努めていた若者がいたことを

思い出していたのであるが、それはそれで

何かしらの役目を果たせたのでは無いかと

思うのである。

こんな時代だからこそ、形は違えど、私達が

もっと何かを出来るのでは無いかと

思う火曜日の昼前なのである。
スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

comment

Secret

No title

なるほど、人材も地産地消ですか。
建設行は基本的に現地生産であるわけですから、その現地の人を雇って仕事を行っていますよね。
しかし、単価、技術力に走ってしまい、”地産”が無いことが最近多いですよね。

No title

>”地産”が無いことが最近多いですよね。

それも「固定費を浮かせて、管理会社に」みたいな
指導をされてきましたから、余計ですね。
つまり、「直営班を抱える会社が極端に少なくなった」
これは地方の建設屋さん、本来の姿では無いと
思うんですけどね。

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク