簡素化とはいいますけどね

 久々に顧客の完成検査に立ち会うのである。

しかし、「簡素化ってどこ行った?」と思う様な

書類の多さには閉口してしまうのである。

そして、管理報告書以外に、設計数量や変更の

図面や計算書を日常のルーチンで作るのであるから

まさに膨大な量の作成書類となるのである。

しかし、それが出来なければNGとなってしまうのであるから

経費のあり方を考えて欲しいと思うのである。

現場的には「大変工夫されて管理しているね」と

検査官からお褒めの言葉を頂いたのであるから

代理人と主任技術者の苦労が報われたと思うのであるが

最終の変更数量を発注者から頂いたのが先週の末であったから

よく間に合った、というよりも、しっかりと数量を

拾っていたんですね、なのである。

しかし、八千万弱の変更数量決定が二ヶ月半も時間を

要してしまうというのは、発注者さんもいかに他の

事務手続きやら書類が多いのか?だと思うのである。

「説明責任」はやらなくてはいけないのであるが

過剰になれば、それだけ費用負担が発生するのである。

その辺りの費用の問題は放っておかれて、「作れ作れ」では

困ってしまうと思うのである。

まぁ、とりあえず監督さん、ご苦労様でした、なのである。
スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク