県議の選挙戦は

自民党が街宣車の自粛をした為に

街宣車の声が無い、静かな選挙戦に

なっているのであるが、街宣車からの

状況が確認できない事もあって、各陣営とも

「情勢が判らない」

「得票が読めない」

といった状況になっている様である。

「未曾有の被災時に選挙なんか」という

声が有る事も知っているのであるが

同じ土俵で議論するべきモノでは無いかと

思うのである。

被災した人達の支援も、そして私達の

4年間を決める選挙も、どちらも大切なのだと

思うのである。

確かに、色々な制限が有ったり

思う様に動けない苛立ちも判るのであるが

それこそ、今までの実績や、政策の本質が

問われる選挙なのであって、この時ばかりの

人海戦術や小手先の選挙では駄目かと

思うのである。

街宣車が使えないという状況が同じであれば

現職が最も強いのでは無いかと思うのであるが

いかんせん、やっている方は、そうやって

思う事は無いらしいのである。

いずれにせよ、今度の日曜日には嫌顔でも

結果が出るのである。
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

tag : 栃木県 県議 選挙 街宣車

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク