悪意は無いんだろうけど

毎日新聞の記事なのである。

東日本大震災:心ない言動で…傷心
福島の避難児童に「放射能うつる」--千葉・船橋
 ◇市教委「思いやりを」
 福島県から避難してきた子どもが「放射能がうつる」
などと偏見を持たれるケースがあるとして、
千葉県船橋市教育委員会が3月下旬、市内の小中学校に
「避難児童に思いやりをもって接し、言動に注意する」よう
求める異例の通知を出していたことが分かった。
こうしたケースがあると市議から指摘を受け、通知は
「(放射能への)大人の不安が子どもたちにも影響を
与えていると危惧される」と指摘している。

 指摘した市議によると、東日本大震災の数日後に
船橋市へ避難してきた福島県南相馬市の小学生の兄弟
(小5と小1)が3月中旬、公園で地元の子どもたちに
出身を尋ねられた。「福島から」と答えると、みな
「放射線がうつる」などと叫んで逃げたという。
兄弟は泣きながら避難先に戻り、両親らは
「嫌がる子どもを我慢させてまで千葉にいる必要はない」
と判断。船橋市内の小学校への転校・入学を取りやめ、
福島市へ再び避難したという。

           毎日新聞ニュースセレクトより

子供の事であるから、責める訳には

いかないかと思うのであるが、しかし

それを云われた方の子供にしてみれば

自分達でどうする事も出来ない事だけに

悔しくて、哀しくて、いたたまれない

気持ちだったろうと思うと

心が痛いのである。

云ってしまった方だって、悪意が有って

言った訳ではなく、大人達の会話を聞いて

本当に怖いと思っているからかと

思うのである。

親が怖がったり、あらぬ噂をすれば

それを間近で聞いている子供の不安は

増大すると思うのである。

心ない、そして根拠のない噂などは

極力、子供の前では控えるべきだろうと

思うのである。

こんな時だからこそ、しっかりと

子供達にも、教えるべきだと思うのである。

だからこそ、大人は、迅速に正確に

そして冷静に、事実を客観的に伝えて

行くべきだと思うのである。

「大丈夫、大丈夫」と言っている話を

そのまま、伝えるのではなく、しっかりと

検証して、疑問が有れば、ぶつけて貰って

それを報道や記事にする事が、マスコミの

仕事だと思うのであるが、どうもねぇ、と

思ったりするのである。

スポンサーサイト

theme : 原発事故
genre : ニュース

tag : 原発 風評 被害 いじめ

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク