ムカッとしたけど、今日は事務作業

 昨晩帰ったら、丁度テレビが流れていて

ドッキリ番組の様だったのであるが、何とも

内容が、夫婦で奥さんの方が、犯罪者に

なってしまうという設定で、その時に

旦那さんの反応を楽しむ様な内容なのである。

しかし、いくらお笑い番組でもやって良い事と

悪い事が有ると思うのである。

最後には「夫婦の絆隊」とかいうモノが

出てきて冷やかしの極みになるのであるが

余りにもカチンと来てしまって、「消して」

と、云ってしまったのである。

夫婦という最小限の単位であって、しかも

信頼関係の最小単位だと思うのである。

一生を左右する出来事を、笑いもののネタに

するとは、番組の制作者も低俗の極みだと

思うのである。

とか、自分の事は棚に上げて怒っていて

何だかなぁ。。。なのであるが、今日は

午前中から、頼まれていた原稿を書いたり

放置プレイになっていたQMを現業の

流れに合わせたりして、事務作業なのである。

昨年取得した環境はともかく、品質の方は

10年選手となっているので、指摘を受けるという

事では無く、

「如何にパフォーマンスが上がっているか?」

という審査を受けているのであるが、今年は

実績共に昨年が悪かった分を取り返して

期末が迎えられたので、本当の意味で

今年が勝負になると思うのである。

マネジメントの手法として考えれば、間違いなく

役に立つ考え方だと思うのである。

「基本を知らないから」と、会長には

随分と怒られて来たのであるが、基本を

しっかりとおさえて、指示をしていけば

自然と改善になる訳であって、改善を

行うタイミングを逸する事が無ければ

結果は数字として表れると思うのである。

ただ、最近の傾向としては、一企業が

考えている以上に、現場環境が悪くて

中止やら、何やらで、現場が進まずに

割を食う場合が多々ある事である。

CCPMワンデーレスポンスなんかは

この状況の前になると、何の役にも

立たなくなってしまうのである。

システム的には良いのであるが、いかんせん

それを活用できる現場状況では

無いのである。原理原則を決めておいて

発注者という相手を考えて、かつ、それを

どうやって交渉するのか、望むべき結果を

描きながら、状況を打破する手段を考え

日程を予測して、動く事が出来れば

何とかなると思うのであるが、それでも

受注する為の最後の砦が、くじ引きという

企業努力も、技術向上も、マネジメント

能力も及ばない所に有るのが

一番の悩みの種なのである。

スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

tag : ISO 品質 環境 マネジメント 信頼 パフォーマンス CCPM ワンデーレスポンス

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク