何とコメントするのか

野田さん、TPP(環太平洋経済協定)の

記者会見を延期したのは、ニュースで

ご存じの通りですが。

そもそも、このTPP、菅首相の時に

降って沸いてきた話な訳で、その前に

つまり、鳩山さんの時に

知っていた方、いらっしゃるでしょうか。

菅首相の時に話題になっていたのは

普天間の移設問題だった訳でTPPなんか

一切聞いた事は有りませんでした。

ここに来て、この話題がずっと続いてますね。

そして、普天間の問題は一切話題になる事が

無くなりました。

つまりは、普天間は譲歩するから、TPPには

参加して欲しいという米国側のバーターが

裏側に有るというのが実情らしい。

TPPに参加して貰う事により日本に対する

輸出強化を図り、アメリカ経済を立て直す

という意図が有るとするならば、なおさら

慎重な内容の検討が必要になると思うのである。

押し切られてしまうのか、どうなのか

注目したい所なのである。

ソースは野党の先生達からであるが

では、今の野党が政権を保っていたとしたら

この問題は起きなかったのか?と言えば

おそらく、どっちでも起こる問題であって

普天間をやって、TPPを蹴るのか

普天間を譲歩して貰って、TPPを検討するのか

いずれにせよ、向き合わなくてはいけない

問題なのだと思うのである。

自由貿易論者からすれば、どんどんやれっ!

となるのだと思うのであるが、いかんせん

農耕民族の私達である。

国内の経済状況が低迷している状況で

更に追い打ちを掛ける事だけは止めて欲しいと

思うのである。
スポンサーサイト

theme : 時事ニュース
genre : ニュース

tag : TPP 普天間 菅総理 鳩山

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク