ありがとうございました。

兄(真一)の葬儀では、年末の

大変お忙しい中、また、お足元の

寒い中を、ご会葬賜り、ありがとうございました。

一昨年の春に、胃の筋肉の中に

腫瘍が出来た為に、発見が遅れました。

それ以来、抗ガン剤を打ちながら

午後は仕事に行くという生活を約2年続け

家族共々、介護の限りを尽くしてきましたが

12月15日10:46分、家族の見守る中で

58歳の人生を燃え尽きる様にして

眠る様に息を引き取りました。

名前の由来である、真実一路を実践し

仕事一筋に生きてきた兄だと思います。

弟の私からすれば、見本であり、手本であり

目標であり、尊敬に値する兄だったと思います。

15歳という年の差もあり、兄でありながら

時には、亡き父親の代わりとしても

色々と教えてくれた様に思います。

私が同じ業界に入った時は、弟という事で

皆様から、色々と可愛がって頂きました。

今思えば、兄が多くの皆様からの

信用を得ていたからこそだと思います。

私生活でも、夫婦ケンカをすれば

「お前達は結局、話し合う事をしていない」

と、怒られた事もありました。

思い起こせば、今の自分がこうやって

いる事も、兄の言葉のお陰だと思います。

バブル時代も経験したと思いますが

兄が得たものは、お金ではなく、皆様の

信頼という代え難いものだったのかと

思います。

沢山の弔電も頂きましたが、会社関係の

従業員一同という弔電が多い事に

兄がいかに、現場第一主義で仕事に

取り組んでいたのかという事が判りました。

瀝青混合所の所長として、ひたすら

現場に合わせ、動いていたのかと思います。

そんな兄ですから、家族からすれば

気の利いた家庭サービスなどとは無縁の

無口な父親であったのかと思います。

これからは、残された家族、兄弟一同

兄の遺志を継ぎ、仕事に、家庭にと

頑張って行こうと思います。

今後とも残された家族に対し、変わらぬ

御厚誼の程をよろしくお願い申しあげます。

まことに有り難うございました。
スポンサーサイト

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク