積もらなくて良かった

天気予報通りでしたが

山の方は、一部積もりましたねぇ。

まずは昨日の「重機の車窓から」(笑)
13021202.jpg
10tダンプから見た風景

現場に障害物が無ければ

大きい方が乗っちゃ楽です。

で、今朝の起きた時
13021301.jpg
「これなら大したことないか?」

とか、思いながら着替えてました。

これまで、何回かに分けて色々と

公共事業に関わる建設業の事を

書いてきました。

「造る仕事」そして「守る仕事」

現場環境が複雑化し、それに伴い

書類や、検討課題、打ち合わせの

増加、煩雑化、そして日当たり施工量の

確保が難しい、更に積算制度の事を

書いてきました。

予定価格の上限拘束や、会計処理の

問題、市場価格や労務費の話もですね。

人が年々、少なくなっている事に

ついても触れてみました。

地域の建設業が減る事によって

除雪や、道路・河川の維持管理業務を

やる事が難しくなって来ている事も

書いてみました。

「良い事無しじゃ、辞めちゃえば?」

って、事についても格好良く書きましたが

まぁ、プライドだったり、意地だったり

したりもします。そして現場が

苦労して出来上がったりすると

「あぁ、良かったなぁ」と思ったりします。

まぁ、自分は、そんな事で多少のやりがいを

感じながら、やっている訳です。

色々と書きたい事も有りますが

今はバタバタしているので

もう少し考えをまとめたら

また書こうかと思います。

さて、今日も頑張りましょう。
スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

comment

Secret

No title

これで建設業に携わる人口が少なくなれば、景気のテコ入れも建設ではなく産業界に向けられるのかも知れませんね。エコポイントが終了し、新車の販売台数が伸び悩んでいると重量税や保険の見直しなど自動車産業界に手が入るなど、上に意見が出来る人がいる業界は強いかも知れませんね。

No title

>静岡梅島ロープ様

民間の場合は、ちょっとしたアクションがあれば
ホントに市場が反応しますから、大丈夫なはずです。
建設業界は、昔から「黙って云われた通りに造れ」と
云われて来ましたから、ものを言ったり、宣伝したり
下手な業界だと云われてますよ。

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク