時間が掛かる訳ですから

ちゃんと考えた方が良いのかと

思うんですけどね。

朝礼が終わって新聞を開いていると

チェルノブイリ原発事故から30年という

月日が経ってようやく、新しい石棺が

事故を起こした4号機の上に乗ったという

記事を目にしたのである。

ネットを見ると、同様の記事が多数有って

30年も経ったのねぇ、なのである。

EBRD Project(リンク)

費用は日本円で1780億円という金額

これから本格的な廃炉作業に入るという

話なのであるけれど、福島も同じような事を

するのだろうか?なのである。

そして、同じ社会面には福島の廃炉費用が

8兆円を越えるという記事なのである。

電気料金に上乗せ負担をするとか

何だとからしいのである。

この8兆円という試算が、どの程度の期間を

考えているのは判らないのであるが

チェルノブイリでも30年掛かって、ようやく

新しい石棺を被せることが出来ました

なのである。

経済ジャーナリストの町田徹さんという方が

こんな事を書いているのである。

原発が始まった頃は、原発で出たゴミは

ガラスの固化技術で安全に処理出来ます

といった話だったのであるが、それも

最近ようやく、出来たの?的な話なのである。

愚痴っても仕方無い話なのであるが

見えてこないのは、基本的にエネルギー政策を

どうするの?なのである。

夢のエネルギーだった原子力発電が

東日本大震災で被災してしまった訳で

その代償が、途方も無く大きかったのである。

であれば、どうするの?なのだろうと

思うのである。

エネルギー政策の転換点なはずなのであるが

その話が置いてきぼりにされていて

費用ばかりが先に出て来ていると思うのである。

脱原発なのか、自然エネルギーに転換を

はかりながら、平行して稼働するのか

稼働するとすれば、いつまでするのか

廃炉に掛かる費用、東電をどうするのか

全く見えない事が、不安感だけを増幅させて

しまっている様に思うのである。

ちゃんとした政治家さんが出て来て

解決出来る日は、来るんでしょうか?

なのである。
スポンサーサイト

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク