i-construction

どうもねぇ。。。自分でもやっているので

こういう言い方が正しいのかは判りません。

やっている事は良い技術だと思うんですが

どうも、向かっている方向性が怪しいというか

胡散臭いというか、CALS/ECの時と同じ様な

匂いがしちゃう感じがするんですね。

どうも、ドローン飛ばしちゃえば、全て幸せになる

みたいな?

土量が10,000m3以上あって、障害の無いの単純な

河川築堤みたいな工事であれば、条件適用も有ると

思うんですが、自分たちのエリアで、果たしてそんな

該当工事が有るのかどうか?(笑)

3次元データを活用しつつ、生産性を高める工夫が

出来れば良いのでは無いかと思うんでうすけどね。

ICT建機のプレゼンでは、初心者でも、この機能で

ベテランのオペレーターさんに負けませんって。

初心者さんじゃ、現場まで重機が持って行けないかもよ?

「工事」だけで有れば、間に合うのかもしれませんが

「災害復旧」の時はどうするんでしょうか?

破堤している場所にドローン飛ばして、点群データを

取って、図面化して復旧する法面作って、現場行って

バックホウで作業するんでしょうか?

そんな悠長な事をやっていられませんから

熟練のオペさんから、教えて貰って、育てる

努力が必要なんだと思うんですね。

確かに作業補助として捉えれば、素晴らしいと

思うんですけど、それが全てを解決する、みたいな

話は違うというか、現場の熟練さんに失礼かと

思うんですよ。

建設業の就労者数の激減に対応しないといけない

熟練のリタイアする技能工さんの埋め合わせを

していかないといけない、色々と問題が山積して

いる業界では有るんですけどね。

「単品の受注生産品」を作っている訳ですからね。

大手さんがやるような、大きなモノは経費も

それなりにあるでしょうし、対費用効果も

かなりになるんでしょうけど。

カメラで撮影すると、リアルタイムで3D

モデリングが出来たり、出来高が判るとか

良いなぁと思うんですよね。

最近のCIMといった技術、もっと汎用性が有って

適用範囲も多く有ると思うんです。

現段階で考えると、大きな面整備をする

圃場整備なんかは、凄く効率上がると

思うんですよね。何万m2も有るような

面整備や採石場の採取計画や輸送検討

何万m3も有るような土工もそうですね。

小さい工事であっても、現況に対して

3Dモデリングを作って、重ねた時に

設計段階では不可視の部分での不整合

判ったりする訳ですから、それだけでも

事前に対応策を検討できるという事では

十分に生産性向上に役立つわけです。

それぞれの工事規模に対して見合う

コストと生産性の向上があれば良いのかと。

それじゃ、逆に、それだけ障害のない

場所と、何万m3の土量がある現場が

どの程度あるのか?といえば、日本で

行われる工事の数%なのかもしれません

それだけの工事を捉えて定義しちゃうのは

もったいないと思うんですよね。

幅広く、小さい会社まで、低コストで

必要な部分的な技術を使えるという事が

普及していく事になると思います。

ドローン飛ばして、現況を確認して

どう攻めていくかと検討する。

更に点群データを用いて、現況の高さや

起伏だけを確認したり、それに加えて

設計図を3Dモデリングにした物を

重ね合わせて、どこから攻めるかの

検討材料にする、という、どの程度まで

加えて行くか、という判断は工事の規模や

難易度で決めて行けば良いのでは無いかと。

ベテランのオペさんの操作術をデータで

蓄積して解析しておいて、最近流行りの

AIで操作補助の役に立てたって良いはず。

部分的に適用する事だけでも、生産性の

向上にはなるはずです。

インプットからアウトプットまで一貫して

というのは有って良いんだと思いますが

一貫してやらないと駄目、では勿体無い

ドローン飛ばしたって、データが拾えない

状況だって沢山ありますし、精度の誤差や

平均化をどの程度にするのか、色々な考慮

しないといけない問題は沢山あって

それでも、想像と経験でやっていた事を

助けてくれるアイテムが揃い始めている訳で

土砂崩れの現場踏査が困難な状況下でも

ドローンを飛ばすことで、現況の確認が

出来る事だって、凄いことです。

確かに商売ですから、儲からない駄目ですが

可能性を狭めてしまう様に定義してしまうのは

どうかと思います。

様々な選択肢の中から、それぞれの現場条件に

沿った形で、適用可能な手段や方法を

取捨選択をしながら、生産性の向上を考える

というやり方では、まずいんでしょうかね。

こんな風に、言っていると、また怒られますかね(汗)
スポンサーサイト

tag : i-construction CIM 土量 面整備 圃場整備 3D モデル モデリング 可視化 不整合

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク