FC2ブログ

働き方改革

はいはい、年度末進行の真っ只中

下水道のTVカメラ調査のデータを

作成中です。
180324.jpg
下水道工事を請け負うと、最後に必ず

管洗浄をやった後に、TVカメラで管内を

調査して、たるみや接合部の不具合が

無いのか、漏水が無いかを調べる訳です。

自社の物件だけなら、問題ないんですけどね

他の会社さんが受注している下水道工事の

管洗浄とカメラ調査も、やらせて頂く訳です。

工期末や検査日は、決まっちゃっている訳で

当然「間に合わせる」に成る訳ですから、そりゃ

「追い込み」になるんですね。

工期に余裕が有る場合は、こちら側としても

余裕を持って、調査出来るんですが、工期に

余裕が無いと、現場の施工状況と天気と

加味しながら、現場の隙間を狙わないと、調査が

出来ませんから、調整が大変なんです。

当然、調査の後はデータを作る作業もある訳です。

これが終われば、新年度になる訳ですけどね。

さて、本題の「働き方改革」ってヤツですが

最近、この言葉を聞く機会が多くなりましたね。

公共事業の建設会社の多くも、この言葉を非常に

多く言われるようになって来ました。

週休二日制の導入試行現場とか、余裕工期設定工事

などが、これに含まれる様に思うんですが

雨などの悪天候に大きく左右される「外での仕事」は

工場などの屋根のある場所と違いますからね。

工程を考えて行く中で、雨で現場が出来ない

日を想定するって、なかなか難しいんですよね。

また、個々の会社が民間企業ですから、当然

受注量や、経常利益などを考えながら経営を

する訳なんですが、

「赤字にならない様に受注はしないと」

受注した工事が赤字にならない様に」

とか、考えながらやりくりする訳ですけどね。

そもそも、年度会計で動いている訳ですから

国の予算が決まって、県や市町村に配分され

それから、動き出す訳です。そして年度末の

3月に終わるという流れですから、4月からは

年度の繰り越しの工事を抱えていなければ

当然、暇になっちゃう訳です。

暇になっても、人を抱えていれば、お給料は

払わないといけない訳ですからね。

本気で働き方改革を考えるのであれば

一年間を通じて、平均した月当たりの発注

件数があって、工事を抱えられる前提が無いと

厳しいのでは無いかと思ったりします。

新年度になって、直ぐに受注が無ければ

固定費や人件費は、会社の持ち出しです。

しかし、工事そのものが無ければ、受注

しようが有りませんしね。

そして、工事が出てくる下半期になってから

受注し始める訳ですから、どうしても後半に

仕事が集中する訳です。

「早期発注」という事も、少し有りますが

全体量からすれば、ごく僅かと言っても

おかしくないのではと思います。

工事の計画自体は、何年も前から有っても

「予算」が無いと発注出来ませんからね。

どうしても、国や県の補助があってやっている

工事であれば、早期には発注が出来ませんから

当然、受注も出来ない訳です。

公共事業をやっている会社は、様々な資格や

免許等が求められる訳ですが、人についても

各種社会保険に入っていないと、工事も受注が

出来ない仕組みになっています。

派遣」やら「アルバイト」という訳にもいかずに

元請け、下請けに関係なく、社会保険は加入が

求められている訳ですからね。

自分の所は、一年間の変形労働時間制ですから

年度末には来年のお休みの予定がカレンダーで

決めてしまう訳です。36協定も締結して労基に

届け出もしますから、その予定を見れば年の

上半期などは、言われなくても週休二日になって

いるんですね。

しかし、その時期は手持ち工事が無さそうな

気配です(笑)

これが11月くらいから、土曜日も稼働する様に

なるんですが、週休二日にしちゃうと、他に

稼働日を考えないといけなくなりますからね。

なかなか、制度と現実のすり合わせって

難しい訳です。

確かに建設業は若手労働者が入ってこない

という状況が大きな課題になっています。

なので、働き方改革、なんでしょうけどね。

いまの若い人たちって、どうやって人生設計を

しているんでしょうかね。

ホントに能力のある方がスキルを持って自由に

派遣といった自由な契約で仕事しながら

「年齢的に平均収入よりも多い収入を得る」なら

判るような気がしますけど、どうも最近の話は

派遣で安く使うだけ使いたい」みたいな感じが

否めないように思ったりします。

派遣で何時切られるか判りません」って状況だと

結婚とか、将来の事って、どうやって考えるんでしょうかね。

何も終身雇用や社会保険が全て良いとは

言いませんけど、ある程度の保証は無いと

安心出来ないのでは無いでしょうか。

って、人材派遣会社が高額納税に沢山いるって

どうなんだろう?と思ったりします。

さて、書類を終わらせて、午後からは自社なりの

働き方改革?を考えないとですかね。
スポンサーサイト

tag : 建設業 働き方 改革 週休二日 36協定 労働 派遣 人材 発注 受注

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク