FC2ブログ

水戸訪問記

朝一番の更新なのである。

一昨日の夜に、別件で水戸の近くまで行く用事があり、突然に

こちらの会社へお邪魔させて頂いたのである。

こちらの社長様とは、法政EC04でご一緒させて頂いてからの仲なのであるが

行動力、洞察力、そして優しさは他の人を圧倒するパワーの持ち主で

いつも感心させられると同時に、勉強させられるのである。

突然の訪問にもかかわらず、色々とお話しを伺えた事は私にとっても

再度勉強になったのであるが、それよりも社員さん達が素晴らしいのである。

技術系の社員さん達は凄いと言った方が正確なのかもしれないのである。

何が凄いかと云えば、

「自信というオーラをまとっているのが見える」のである。

一年半ぶりにI氏にもお会いしたのであるが、線の細いイケメンさんと

いった(失礼)感じはすっかり無くなって、「仕事の出来る男の顔」に

なっていたのには、正直ビックリしたのである。

環境がここまで、人を変えるモノなのか?と思うこともさながら

やっぱり本人のやる気なんだなぁ。。。と改めて思うのである。

そして社長様曰く、ウチのナンバー1かな?仕事とマスク共にね、と

云われていたT氏。。。書類を作っているらしく、PCに向かって

書類を確認しながら作業をしているのであるが、その姿が非常に

さまになっているし、背中から「俺に任せろ!」のオーラが

出まくりなのである。

受付を守る女性の皆様や、奥のデスクの近くを陣取るベテランさん達。

これも皆さんが「良い顔」をなさっているのである。

私自身、自分の会社を顧みて正直「負けてるなぁ。。」と思うと同時に

こういう形の人づくりをしないといけないと思ったのである。

こちらの会社が「母性に守られた」だとすれば、ウチの会社は

「親分の庇護の元」という形なのかもしれないのである。

全く対極的な会社なのにもかかわらず、共通しているのは

「朝令暮改」「コンバットチーム」という所かもしれないのである。

当然、所帯の大きい会社だけに「ほう・れん・そう」はしっかりと

行われているし、その情報の数も圧倒的な量である。( ̄Д ̄;) ガーン

これを日頃処理する能力の高さにも舌を巻くのであるが

添付されている写真のアングルには脱帽モノである。

「伝えたい」という意志がハッキリと読んで取れるのである。

「今日はこうだった」「俺はこうしたい」と写真が訴えているのである

此処までリテラシーを上げるまでに、どれほどの努力が必要だったのか

そして、それに応えている社員さん達は素晴らしいと思うのである。

地場中小の建設業というのは「こうあるべき」なのだろうと

非常に感銘を受けた時間だったのである。

そして帰る時間もとっくに過ぎて、「夜ご飯を!」とお誘いを頂き

食事に行った六文銭ではいきなり「ビール!」となってしまい

メニュー


結果。。。「お泊まり」のコースとなってしまったのであるが

こちらのお店のカツ丼は絶品なのである。

カツ丼



皆様、大変お世話になりました。


スペシャルサンクスでございます。
スポンサーサイト



comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク