ちゃんと話そうよ

 意見交換というのは、お互いに前提が有って色々と話をする訳で

耳が痛い事だって有るだろうし、色々な事を一歩下がって真摯に受け止め

指摘された事が有れば、お互いに直せば良いのである。

その前提が、しっかりと出来上がっているのか?と疑いだしてしまえば

何も言う事が出来なくなってしまうのである。

連日、意見交換会が相手を変えながら続いたのである。

相手側から内心見下されていれば、私達が何を言おうと、それは

戯言に過ぎなくなってしまうのである。

少し前に尊敬する先輩が言っていた事が頭をよぎるのである。

「しっかりと自分達を冷静に判断した上で理論武装をして話をする」

自分の勉強不足を痛感した場面でも有った訳で、まだまだ力不足で

大いに反省しなくてはいけないのである。

しかし、少なくとも自分たちが思っている事、そして考えている事は

しっかりと自分の口から言うべきだと思うのである。

「ざっくばらんに話せ」と言われて、本音を話すと後からしっかりと

敵は取られるからね、となってしまえば、そもそも意見交換など

する意味が無くなってしまうのである。

相手側が真剣に考えてくれると思っているのなら、別かもしれないが

保身が第一、切り捨て良策と思っているのであれば、それこそもっと

大きな声で切実に訴えていかないと、右から左へ流されて終わりと

なってしまうと思うのである。

そもそも、最前線の状況を把握しない事は、もっとまずいと思うのである。

何だか愚痴っぽくなってしまったので、この辺で辞めておこうと思うのである。

しかし悪い事ばかりでは無くて、久しぶりに「士」という言葉が

合うような方にも出会えた事は、何より嬉しい事なのである。

業界とはいえ、「政策」を考え始めると、やはり「人間」という部分を

見つめなくてはいけなくなるので、あのような形になるのかな?と

思ったのであるが、「軸のぶれない」というか、言葉が適切かどうかは

別にして「信念」もしくは「哲学」をお持ちの方だなぁ。。と

思ったのである。

そして、それは技術屋としてプライドに裏打ちされているのであるから

尊敬出来る方かと思うのである。

あの様な方が全てでは無いし、今の若い方に単純に「見習って欲しい」と

言った所で、彼らはクレーマーに近い方の処理や、説明責任という

表面の事務処理に忙しい事も事実なのである。

「技術力の低下が著しい」のであれば、それを、こちら側が補えるような

提案や代案だって必要になってくると思うのである。

色々な環境が折り重なっている今の状況を、ひとつの解で解決するなど

出来ない話だと思うのである。

物事を大きく捉える部分、その大きな部分の小さな事を捉える部分

それが全体に及ぼす影響といった様々な角度から見ていかないと

気がついたら、足下が無くなっていたという事にもなりかねないのが

今、私達が置かれている状況なのである。

反省すべきは大いに反省し、違うモノは違うと、ハッキリと言うべき

だと思うのである。

ただ、それが簡単に思えてしまうのは、私がサラリーマンだからかも

しれないのであるが。

話は逸れて、昨晩の亀田戦は、どうだったのだろう?と思うのである。

少し前のホリエモンの一連と同じ様な感覚ではなかったのか?と

TVを見ながら思ったりするのである。

「お金が有れば何をしても許される」という時代の寵児を簡単に

世間が見捨てたように、「力が有れば、何でもあり」を持て囃し

いとも簡単に見捨てていく様を見ているようで、正直恐いなぁと

思ったのである。

別に亀田選手を庇っているのではないのである。

私もあの態度には「ムカッ」と来た1人なのである。

しかし、あれだけ持て囃したのは、何だったのか?と、一歩下がると

恐いモノを感じてしまったのである。

ただ、いただけなかったのは、アナウンサーの贔屓寄りな解説に

結局、「大衆受けしないと不味い」という事情が見えて、閉口したのである。

スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク