余裕が無いからなぁ

 お国の仕事の発注分の内で、本年度の不調不落が30%を

超えたという事を聞くのである。

特に維持修繕工事などに限っては、40%に達するというのであるから

凄い数字だなぁ。。と思うのである。

お国の仕事は、儲からないどころか、大幅な赤字になってしまう案件に

対して、業者側がこれまでの、「赤字でも良いから実績つくり」という

余裕が全くなくなったという状況があると思うのである。

これは意見交換会の席上でも話した事なのである。

「仕事は欲しいけれど、赤字が判っていて受注は出来ない」というのが

本心だと思うのである。

お国の仕事の積算価格が、実勢価格と非常に乖離した実情もあると

思うのである。

そういった中で、とうとう、「見積もりを求める提出方式」が現実味を

帯びてきたのであるが、そこまでの手間暇を掛けて、応札する業者が

どの程度有るのか?と、疑問は残るのである。

そんな中で、こんなニュースも入ってきたのである。

-----------------------------
建設業の11月の倒産件数が約3割増加,2008年は民間工事も厳しく
2007/12/12

 民間信用調査機関の東京商工リサーチは12月12日,2007年11月の全国企業倒産状況を発表した。建設業の倒産件数は前年同月比で29.6%増加。2007年の倒産件数は,3年ぶりに4000件を上回る見込みだ。


建設業の倒産件数は,前年同月比で10月が25.8%,11月が29.6%増加した(資料:下も東京商工リサーチの資料を基に日経コンストラクションが作成)


 11月の建設業の倒産件数は359件。2007年1月から11月までの合計は3708件になり,すでに昨年1年間の倒産件数3855件に迫っている。12月の倒産件数が昨年と同じペースで推移すれば,建設業の倒産件数は2004年以来,3年ぶりに4000件を超すことになる。


2007年は1月から11月までの合計。薄紫色の部分は2006年12月の倒産件数336件を,そのまま加算した場合を表した


建築基準法改正による倒産件数は10月の倍に

 建設業で11月に倒産した企業の大半は,年商1億円未満の小規模な企業。年商5000万円未満の企業が133件で37%,5000万円以上1億円未満の企業が72件で20%を占めている。

 建設会社は,公共工事の減少に伴って民間工事へとシフトしたが,価格競争が激しい。そこに原油などをはじめとする原材料の価格高騰が加わり,規模が小さい企業の資金繰りが難しくなったとみられる。

 さらに建築基準法の改正で,見込んでいた工事の着工が遅れるなどの影響も出ているようだ。東京商工リサーチによれば,同法改正に関連する倒産件数は9月が2件,10月が4件,11月が9件と倍に増えている。

 東京商工リサーチ情報出版本部の友田信男統括部長は,「2008年も2007年と同様に,厳しい1年になるだろう」と話す。公共工事が飛躍的に増加する要因はなく,民間工事をけん引するデベロッパーの動きも緩やかになると思われるからだ。

 特に東京都内では地価が“天井”に達した感があり,「民間工事も2007年以上の規模は望めそうもない」と友田統括部長は言う。

 東京商工リサーチが集計の対象としているのは,負債総額1000万円以上の倒産企業。法的倒産のほかに,銀行の取引停止処分などの私的倒産も含めている。

               12/14  日経コンストラクションより引用
----------------------------

それだけ、業者側にも余裕が無いという証拠になるような記事と

いう事になると思うのである。

幾ら、入札段階で見積もりを求めようが、元々の設計書が

概算発注で行われ、受注してから、実際の現場に合わせて工種や

数量まで洗い出して、施工方法の検討、そして実施という非常に

手間暇の掛かる実態が変わらない限り、見積もり提出方式の採用で

応札者が増え、不調不落案件が極端に減るという事は無いと

思うのである。

これをやっている限りは、応札時に目に見えないコストがどの程度

有るのかが判らずに、判断する事が出来ないと思うのである。

確かに見積もり提出方式の採用を考えるという点では、一歩前に

進んだ様に見えるのであるが、幾ら見積もりをしようとも、現場を

照査した瞬間に、内容が大幅に変わってしまうのでは、見積もりをした

意味が無くなってしまうと思うのである。

実際に現場を照査して、見積もりをするという事は、時間的な事を

考えると、出来ないと思うし、そこまでの手間を掛けて、落札できるなら

まだ良いのかもしれないが、出来なかったら、その手間はどうやって

取り戻すか?となってしまいそうなのである。

であれば、概算設計を辞めて、現場に合った設計を実施し、その上で

見積もり提出方式などのやり方でないと、応札者は増えないと思うのである。

後は、発注者との間に入る方達の資質の問題もあるかと

思うのであるが、今後、このやり方を試行した時に、どの程度の

応札者が有るかどうかで、答えは出ると思うのである。

スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

tag : 見積もり提出方式

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク