みんなで考えよう

 昨晩の二次会では、やはりというか淘汰の話が出たのである。

こう書いてしまうと、非常に暗い話になってしまうのであるが

いかんせん避けて通れない話だけに、仕方ないと思うのである。

「全県でも3割残らないだろう、そして生業として飯が食っていけるのが

その中の1割だろう」という言葉に、全員の動きが止まってしまい

声ひとつ出ない状況になってしまったのである。

「問題になっている特定財源の暫定税率を維持すれば、自民は

負けるかもしれない」

「しかし、暫定税率を廃止すれば地方は壊滅的な状態になるだろう」

確かに仰るとおりだと思うのである。

「暫定税率が廃止され、補助関係が一切無くなれば、仕事が無いどころか

維持管理すら出来ない状況だと思う」

そういう事態になったら、何処が淘汰されるとかいった話ではなく

自分たちも職を探す羽目になる訳である。

国会もやっている様であるが、どう見ても「道路特定財源」が政治の

駆け引きだけに使われている様で、非常に嫌な感じを受けるのは

私だけだろうか?と、思うのである。

私の会社が無くなれば、少なくとも20人の人間が職を失い

路頭に迷う事になるのである。

「建設業はまだ未だ甘い」と、お叱りを受ける事も確かなのであるが

法人税を滞納されている方からも、そういった言葉を貰ってしまうのは

非常に複雑な心境なのである。

一応「納税は義務」だと思うのであるし、私達は、そんな事をしたら

競争という土俵にも上がれないのが現状なのである。

具体的な方策が有る訳では無いのであるが、それでも「考える」しか

方法は無いと思うのである。

そして、「企業は人なり」は、どの時代、どの業種でも同じだと

思うのである。

こんな事を書いていたら、長男坊とのデートの時間に遅れそうなので

続き?は、有るかもしれないし、無いかもしれないのである。(笑)
スポンサーサイト

theme : 建設業
genre : ビジネス

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク