影響が出始めていますが

 そんな事は、当の本人達にはどうでも良い問題なのかもしれないと、本気で

思い始めているのである。

少し前に暫定税率の事を書かせて頂いたと思うのであるが、今日のニュースでは

新潟県で、新年度に入札を予定していた案件の入札延期が決まったとの事なのである。

そんなこんなで、ネットの記事を読んでみれば、ガソリンが値下がりの期待から

買えひかえが起きているといった記事までが目に付くのである。

前にも書いたと思うのであるが、下がったとしても、ホンの一時期だけの話で

後は原油高と便乗値上げ、販売店の利益確保の為に、殆どが以前の価格に

戻る事は間違いないと思うのである。

しかし、この問題は、本質の議論が何処かに行ってしまって、政治の駆け引きだけに

使われてしまっているような気がしているのである。

確かに変な使い方をされた部分が有るのだろうし、それについては改めて貰わないと

いけない事は確かなのである。

どうも最近は、「一部の悪行で全てを否定してしまう」ような感じがまかり通っていて

それもいかがなものか?と思うのであるが、いかんせん、この問題は

「何がどう悪くて、何をどうしたいのか?」という事について、自民も民主も

全く判らなくて、ただ時間だけが過ぎているような気がするのである。

そこに持ってきて、昨晩のニュースでは「道州制」の意見書が提出されて

2018年だったか?迄には、10の道州制に移行すると云った内容のモノが

提出されたそうである。

更に東北地区だか、何処かの総生産額がヨーロッパの一国と同じだとかいった

解説までついていたのである。

一応問題となるのは、これまで全国均質だった、「教育」と「医療」の部分だけは

地域の格差が出て来るといった事も言っていた様な気がするのである。

「地域の特性を最大限に生かした」とか「地域の独自性」、「地方に出来る事は地方に」と

非常に耳には美しい言葉も並んでいたように思うのである。

が、それは「税収が比較的高く、債務の少ない「道州」にとっては・・・」という前提が

条件だと思うのである。

ヨーロッパの小さな(失礼)一国と同じレベルであれば、日本の一番豊かな道州と

行って帰ってくるほど違っても良いのか?と、疑問が残るのである。

そりぁ、何兆円という利益を上げている自動車メーカーが法人税を納めてくれるとか

そういった安定した税収が有る所なら可能かとも思うのであるが、それ以外は

どうするの?と聞きたいくらいなのである。

何だか、この話を聞くと

「いい年になったのにも関わらず自立できない子供を、無理矢理、自立させる親」

みたいな感じをうけるのである。

地方が疲弊すれば、どんどん人口流出だってするだろうけれど、それでも税収は

上がるという予想になっていたら、目も当てられないのである。

何だか、最近の色々な話題を見ていると

「面倒だから、適当な理由を付けて知らん顔しちゃおう」みたいな感じが多くて

「それでも自分たちの事だけは通そう」のような気がしているのである。

まぁ、こんな人達を選んでしまったのも自分なんだからなぁ、と反省するしか

無いようである。
スポンサーサイト

theme : 思うのは私だけ?
genre : 政治・経済

tag : 道州制 暫定税率

comment

Secret

リンク

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

無料カウンター
プロフィール

まさたろう

  • Author:まさたろう
  • 思ったことを書きとどめています。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ぶろぐ内けんさく
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
スポンサーリンク